数字語呂合わせ生成機

数字の語呂合わせは昔からたくさんあります。

代表的なものとして、「無事故で行う大化の改新」(645年)とか「いい国作ろう源頼朝」(1192年、鎌倉幕府設立)などの年号や、古くは「伊東に行くならハトヤ、電話は良い風呂」(4126番、ここでは局番には触れていない)、最近なら自動車保険のアメリカンホームダイレクトの「0120走れ走れ(0120-840-840)」などの電話番号などがあります。

私もそういう語呂合わせでたくさんの数字や番号を憶えてきました(あるいはCMによって憶えさせられてしまいました)。

年号に関して一番傑作だなあと思ったのは「江戸に広まる三河の家康」(江戸に1603河の家康、1603年江戸幕府設立)です。これだと年号と同時に家康の出身地まで憶えられたからです。

こういうものにはいくつかバリエーションがあるもので、例えばコロンブスによるアメリカ大陸の「発見」の年号(1492年)を憶えるには少なくとも下記の2パタンがあったように思います。

  1. いよー、国だ(望遠鏡で覗いていたコロンブスが大陸を発見した時に発した言葉)
  2. 東洋の国と思ったコロンブス

私がどちらで憶えたかと言えば2)です。こちらのほうが、コロンブスがアメリカ大陸をインドだと思ったという史実を踏まえているし、1492を14と9と2に分解して14を東洋(十四)と読んだのはなかなか巧いと思います。

電話番号についても、今でこそ携帯のメモリに入れればそれで終わりですが、携帯電話がない時代に営業の外回りをやっていた私は、主に語呂合わせで合計100箇所くらいの電話番号を暗記していたものです。

そういう語呂合わせに随分お世話になったので恩返しをしようと思い、実は作りたいアプリケーションがあるのです。それは「数字語呂合わせ生成機」です。

構造と原理ははっきりと頭の中にあります。どういうものかと言えば、こんなアプリケーションです。

今、憶えなければならない数字があるとします。これは電話番号でも暗証番号でもプロダクトキーでも何でも構いません。例えばそれが51511044だったとします。この数字をインプットすると語呂合わせの結果が返ってくるのです──「濃いコーヒー淹れようよ」などと。

原理は簡単で、

  1. まず数字に可能な限りの「読み」を登録しておく。例えば「1」なら「イ、ヒ、ト、イチ、イツ、イッ、イー、ヒト、トー、ピン、アイ、エル、ワン、ヒトツ、ヒトリ」などと。
  2. 数字がインプットされたら考えられる「読み」の組合せを全て生成する
  3. 出来上がった「読み」の組合せを国語辞典で参照する
  4. 全ての文節が国語辞典の中にある言葉で構成されたものを表示する

というプロセスです。

どうです、便利でしょ? これなら一生懸命語呂合わせを考えなくて済むのです。

残念ながらプログラミングの知識に乏しいために、こんな素晴らしいアプリケーションを開発できずにいます。この文章を読まれた方の中にもしプログラマがいらっしゃったらお力になっていただけないでしょうか?

いえ、連絡は不要です。出来上がったアプリケーションを私宛てに送っていただければそれで結構です。

多分使うのは私だけだろうと思いますので…。

Copyright©yama-a Apr.2004mark

[ このテーマの続報(別ブログ)を読む]

目次へ 次号へ 前号へ