もう結構

アメリカの大手検索サイト Google.com がアダルト専門検索サイト Booble.com に対して商標権侵害を理由に警告状を出しました(もう正式に訴訟を起こしたかもしれません)。

名前から判るように、Booble は Google のパロディであり、当然のことながらロゴも Google に似せてあります。booble という単語はそこらへんの辞書には載ってませんが、米俗語で「おっぱい」の意味だそうで、ロゴの図案も Booble の中の2つの o をおっぱいに擬してあります。

皮肉なのは、この報道によって Booble を知らなかった多くの人が知ってしまったということ。そして、それよりももっと皮肉なのは Google で Booble を検索するとちゃんと出てくるというところでしょう。さすがに天下一の検索サイトだけあります。逆に訴訟相手だからからといって検索できないサイトがあるようでは No.1 サイトの沽券に係わると言ったところでしょう。

似たようなサイト名では elgooG というのがあります。

一見して判らないかもしれませんが、これは Google を逆から書いたものです。なんだ、それだけのことか、と思ったでしょう? でも、elgooG の面白さはもっと深いところにあります。

このサイトはどこが運営しているのか(Google そのものなのかどうか)、果たして Google の認可を得ているのかどうか定かではありませんが、一応「Google のミラーサイト」ということになっています。つまり「ミラー」だから逆さになっているのです
(「ミラーサイト」が何かはご存知ですよね? それを知らないとこの洒落は面白くありません)。

字の順番だけではありません。このサイトでは活字自体が全部裏向けになっているのです(ロゴのデザインは Google の完全な裏返しです)。しかも、フォームに打ち込んでボタンを押すと Google と同じようにちゃんと検索できるのです。

Booble にしても elgooG にしても一級品の言葉遊びだなあと大いに感心しました。

言葉遊びと言えば、最近の日本の例を引くと、BSEやら鳥インフルエンザについて会見した坂口厚生労働大臣が「牛やら鶏やらで、モウ、ケッコウ」と発言して顰蹙を買う事件がありました。

その後の報道によると坂口大臣は結局謝罪したとのことです。

私はそれを聞いて大変残念に思いました。日本ではよく言葉遊びが不謹慎だと糾弾されてしまいます。

今回の騒動ではBSEや鳥インフルエンザにかかった人はいません。だから良いではないかというのは確かに少し乱暴で、養鶏農家の皆さんの心中を慮れば…ということになるのかもしれませんが、そんなに目くじら立てて怒るようなことなのでしょうか?

日本ではどうも「遊び=不謹慎」という図式が強すぎるように思います。不謹慎は確かに良くないです。しかし、どこからが不謹慎なのかという明確な基準はどこにもなく、不謹慎かどうかは結局あたりを見回して皆の顔色を伺うしかないのです。

商標権を侵害された等、目に見える不利益を被ったのであれば告訴すれば良いのです。そうでなければ聞き流してはどうでしょうか? 正直言って私は坂口厚労相の会見をTVで見て(これは浅田農産の会長夫妻が自殺を図る前です)、「このじいさん、見かけに寄らず結構やるなあ」と思いました。

厚労相は決して畜産農家を馬鹿にしようとか、からかってやろうと思って言ったのではないはずです。単なる言葉遊びです。

私はいかなる時でも冗談を言える人間でありたいし、たいていの冗談は笑って聞き流せる人間でありたいと常々思っています。

笑って聞き流せる範囲が狭まってくると、いつも頭を垂れて謹慎していなければならない世の中になってしまうのではないでしょうか?
言論の自由は自らの度量を広げることから始まるのではないかと思うのです。

Copyright©yama-a Apr.2004mark

[arrow このテーマの続編を読む]

目次へindex 次号へnext 前号へprevious