趣味

ずっと以前に「徹夜という言葉の意味が解らない」と書きましたが、実は趣味という言葉の意味もよく解らないのです。

昔、会社に「財界紳士録」みたいな本が置いてありました。インターネットがなかった時代に取引先の情報を得るには、直接電話して訊くのでなければ会社四季報や紳士録に頼るしかなかったのです。

私もいくつかの取引先の役員の情報を得ようと紳士録を繰ってみました。そこにはさまざまな大会社の役員のプロフィールが載っていました。で、話が回りくどくなりましたが、その「財界紳士録」で見ると、大会社の役員さんというのはどいつもこいつも(失礼!)趣味はゴルフなんですね。

私はそれを見て、「そんなものは趣味なんかじゃない」と思いました。そんなに同じ趣味の人がいるっておかしいじゃないですか。趣味って、そういうもんでしょうか? 仕事の上で必要だから、あるいは有用だからやっているのであれば、それを趣味と呼ぶのは言葉に対する冒涜ではないかと思います。

私のイメージでは、趣味というのは例えば切手収集とか鉄道の写真撮影だとか、昆虫採集とか陶芸とか、そういうもんじゃないかと思うんです。

思い起こせば小学生時代、担任の先生から「何か趣味を持ったほうが良い」という指導を受けたことがありました。その時、たまたまその先生が人気のある先生だったこともあって、生徒たちは競って「趣味作り」に走ったのでした。

小学生の頭に最初に浮んだのが、前掲の切手収集とか鉄道の写真撮影だとかでした。だから、私のイメージでは、依然として趣味とはそういうものなのだろうという思いがあります。

その担任の先生の趣味は将棋でした。さっきも書いたように人気者の先生だったので、将棋をする生徒が急増したのを覚えています。そういうのは多分趣味と言うのではなく、流行と言うのだと思います。

会社役員のゴルフも趣味なんかじゃなくて流行なのではないでしょうか? 本当に趣味でやっている人もいるにはいるでしょうが、役員の嗜みとして例えばゴルフより社交ダンスが有用だとなると、ゴルフから社交ダンスに鞍替えする人が続出するのではないでしょうか?

そういう人たちが尻軽かどうかを問題にしているのではないのです。そういう風に鞍替え可能なものは趣味ではなくて流行ではないか、あるいは趣味とは呼べない何か別のものなのではないかと思うのです。

スケッチとか盆栽とか雪山登山とかクロスワード・パズルとか、「へえ、そんなことやるの」「へえ、そんなもんが好きなんだ」と言われるものが正しい趣味なのではないか、などと漠然と思うのです。

年末の人事考課用の調査票だったか、あるいは2年に1回の自己申告書だったか忘れましたが、私の勤める会社の公式文書に「趣味」を書く欄があります。それを見るたびに、なんで会社に趣味を申告する必要があるんだろうか、と思ってしまいます。

入社した時にはなかったのに何年か後にその欄が作られたのです。会社は一体何を考えているのでしょう?

いっそのことその欄に「なんで会社にそんなこと教える必要があるのか!?」と書いてやろうかと思いましたが、新入社員の時の失敗を思い出してやめました。

会社に入って最初の社報の記事(「はじめまして新入社員です」みたいなやつ)で、「希望する配属先は?」という問いに対して「『配属先は個人の希望にかかわりなく人事部で決める』と威丈高に宣言しておきながら、なんでこんな質問をするのでしょう?」と書いて予想外の波紋を呼び起こしてしまったからです。

で、何も書かずに無視しても良かったのですが、それではあまり面白味もないので、結局その年は「趣味」欄に「妻との語らい」と書きました。それがあまりに受けたので、以来ずっとそう書いています。

しかし、本当にそれを趣味と呼んで良いのやらどうやら、いまだによく判りません。
ただ、妻との語らいを楽しんでいるのは事実ですし、そう書くと決まって「へえ、そんなことやるの」「へえ、そんなもんが好きなんだ」と言われるのもまた確かです。

これって趣味ですか、それとも悪趣味ですか?

Copyright©yama-a May.2004mark

目次へ 次号へ 前号へ