どんな漢字ですか?

「食う」と書いて何と読みます? 「くう」ですか?
じゃあ「くう」と書くときにもやはり「食う」と書きます?
私は「食う」と書くこともあるけれど、「喰う」と書くこともあります。

なぜならば「食う」は「くらう」とも読めるので、「くらう」と読んでほしくない時にはあえて「喰う」と記すのです。

「くらう」はどちらかと言えば古語で、現代では「大目玉を食った/パンチを食った」という風に比喩的に、つまり「被った」という意味で使うことのほうが多いようです。文字通り口に入れて食する場合には「人喰い鮫/パン喰い競争」のように「くらう」ではなく「くう」を使うようです。

ところで、冒頭に「食う」は「くらう」とも読めると書きましたが、今の辞書では「食らう」という仮名を送ることになっています。従って、「大目玉を食った/パンチを食った」(私は高校の漢文の授業でそう習ったのですが…)ではなく「大目玉を食らった/パンチを食らった」と書くのが正解のようです(私としてはこの表記はあまり好きになれないのですが…)。

1つの漢字が2通りの読み方によって違った動詞になってしまう例はたくさんあります。さっき書いたばかりですが、「しょくする」というのは「食」の第3の読みです。また、上で「被った」と書きましたが、これは「こうむった」とも「かぶった」とも読めます。「帽子を被った」であれば「かぶった」と読むことになります。

「育」という字も「てる」と送れば「そだてる」だし、「む」と送れば「はぐくむ」になります。「騙」という字の場合は「す」と送れば「だます」、「る」と送れば「かたる」になります。

「育」と「騙」の例では送り仮名の違いで瞬時にして読みが判るのですが、「被」や「賄」、「認」などの場合は送り仮名が同じなので「こうむる」なのか「かぶる」なのか、「まかなう」なのか「まいなう」なのか、「みとめる」なのか「したためる」なのかの区別がつきません。前後から意味を推定して初めて読みが判るという難物なのです。

「育てる」も「育む」も、あるいは「騙る」も「騙す」も似たような意味なので読み間違えても大して問題ありませんが、「賄う」の場合は「やりくりする」のか「賄賂を贈る」のか、かなり意味が違ってきます。「まいなう」なんて聞いたことないぞ!とおっしゃる方もあるでしょうが、「賄賂」の意味で「まいない」という言葉が使われることがあります。

「認める」も同じように困ります。「是認する/承認する/許可する」系の「みとめる」と「字を書く」という意味での「したためる」では全然意味が違うからです。「したためる」も「まいなう」同様文語っぽい言葉なので一般に使用頻度は低いですし、まあ、前後をちょっと考えると私自身はちゃんと読めるのですが、逆に自分が書いた時に、「果たしてちゃんと読んでくれるかなあ?」と大変心配になります。

それは漢字をちゃんと読めない人が随分多くなっているからなんです。「記す」「著す」「清々しい」を平気で「きす」「ちょす」「きよきよしい」なんて読んでいる人がいます。

「ワープロの登場によって文字を手書きする機会が激減し、漢字をどんどん忘れてしまっている」という話をよく聞きます。確かに私も手書きしていて、以前はスラスラと書けたはずの漢字が出てこなくて困ることがあります。

しかし、逆にワープロからメリットを得ることもありますよね。ワープロで書いていて変換キーを押した途端、自分の知らなかった漢字が出てきて、それによって新しい漢字や新しい読みを憶えることもあるでしょう? 字が分からなくなったら辞書を引かなくてもワープロに入力変換してみれば良いのです(そのほうがよほど早い場合があります)。

そういう意味ではITの時代は新たな漢字を憶えるチャンスでもあると思うのです。この際ワープロから新たな漢字を憶えてみるのも良いのではないでしょうか。

漢字は大変便利だし大変面白いものだと思うのですが、どんなもんでしょう?

Copyright©yama-a Jun.2004mark


[追記]

いやあ、またやられちゃいましたよ。

匿名希望の方から「記す」については「きす」という読みが広辞苑と大辞林に載っているとのメールをいただきました。

はい、知ってますよ。実は以前「記す」を取り上げた際にその旨を記しています。しかし、このページでは注釈つけてませんし、ま、こういう風に指摘されると私の負けですね。

で、この手のご指摘は全てウェブ上に披露することにしているので、私のサイトではこの手の[追記]が溢れ返っています。これは私が如何に頼りないかということの証明でもありますが、一方で言葉というものの持つ流動性を物語るものであるとも思います(なんて、平然と言い募っちゃって)。

今回の「きす」に関しては少し私にも言い分があります。
それは、著者が「きす」と読んでほしくない時に「きす」と読んでいることが多いのではないか、何故なら「きす」というのは漢文調・文語的な表現であって、現代語の中ではあまりそぐわないからです。

別の例で考えてみましょう。「食す(しょくす)」とか「命ず(めいず)」とかいう動詞があります。これらは古語です。まさに「我、之ヲ焼キテ食セリ」とか「名古屋支社ニ転勤ヲ命ズ」などと漢字・片仮名まじりで書くのがふさわしい感じがします。これらが現代の文章に投げ込まれる場合は「食する」「命じる・命ずる」になるのです。

動詞の終止形ということで考えれば、「きす」ではなく「きする」でないとしっくり来ないのです。「記する」なら広辞苑や大辞林のような大きな辞書でなくても載ってます。

しかし、多分この先何年かで「記す」の元々の読み方は忘れられてしまい、多くの辞書から削除されてしまうでしょう。ちゃんと読めない人があまりにも多いからです。

言葉ってそんなもんです。その時代に一番多く使われる使われ方が正しい使い方です。漢字や言葉のそういう側面も、私は大変面白いなあと思っています。

Copyright©yama-a Nov.2004mark

目次へ 次号へ 前号へ