Knock Three Times

今回は厳密に言えばことばがテーマではありません。ボディ・ランゲージと言うか、バディ・レーングウィッジと言うか、まあ、ことば以外のコミュニケーションの問題ですね。

1971年のヒット曲に「ノックは3回」(ドーン)というのがありました。

あなたは部屋に入るときは何回ノックをしますか?

私は3回以上します。ただし、小中学生のころは2回しかしていなかったと思います。

いつから3回以上するようになったかと言えば、いつだったかTVでマナー講師が「部屋に入るときはノックは3回以上、2回はトイレの時!」と厳しく言っているのを聞いた時からです。

ほんまかいな、とその時は思ったのですが、それ以降洋画や外国TVドラマなどを注意して見ていると、確かに西洋人は部屋に入ろうとする時、ノックは3回だったり4回だったり5回だったり、6回以上というのは見たことがありませんが、とにかく2回ということはありません。

残念ながらトイレのドアをノックするシーンは見たことがないのですが、少なくとも部屋に入る時、彼らは3回以上ノックするのが普通のようです。それ以来、私も彼らの真似をして細かく3回以上(そう、彼らは非常に速いテンポでコンコンコンと叩きます)ノックするようにしています。

日本人は何故だか2回しかノックしない人が多いようです。会社で入社試験の面接官をさせられた時も、学生のほとんどが2回しかノックしません。

しかし、私がTVでマナー講師の発言を聞いたのはいつだったか、あれから随分時が流れました。先日マナーの専門家に話を聞いたらやっぱりノックは3回以上するのが礼儀だと言ってました。でも、あまり定着していない気もしませんか?

それどころか、最近聞いた話では「ノックは2回」と教えているマナー講師が出始めたとか。

「まあ、なんと恥ずかしいマナー講師か!?」とあきれるべきなのか、それとも日本式の2回ノックという新しいマナーができてきたと考えるべきなのか。

そもそもふすま/障子の住居空間だった日本にノックの習慣はなかったはずで、それはいつしか輸入されたものであるはずです。そして、輸入して作り変えてしまうのは日本人の昔からの得意技です。

さて、今までノックを何回するかなんて考えていなかったあなた、今日この文章を読んでしまった後もやはりノックは4分音符2つですか? それとも8分音符を3つか4つ重ねますか?


[追記]

ところで、先日洋画で初めて2回ノックのシーンを見ました。「コールドマウンテン」です。この映画には確かノックをするシーンが2回あったと思いますが、そのうちの1つが2回ノックでした。ちょっと驚き。


[追々記]

読者の方から面白いお便りを頂きました。そもそも欧米人はトイレでノックなんかしないとの説があるのだそうです。

さきさまの構造だと空港なんかの並びトイレでは人が入っているかどうかは足元を見れば判るし、ホテルなんかの密閉トイレならば鍵の表示(赤、ですね)を見れば判るとのことでした。

なるほど確かに。しかし、あれ結構抵抗ありませんか、足見えてんの? 私はどうも、身体の一部とは言え「排泄シーンを見られてる」という気がしてなりません。

さて、メールを下さったこの方は、この後こう続けておられます。

日本人のノックというのは「扉の向こう側にどなたかいらっしゃいますでしょうか?」という意味合いが強いと思うのですが、ガイジン(と言ってしまおう)の場合は「俺がここにいるよ」ということを知らせる意志が強いようにも思います。
  1. 扉が開けっぱなしのボスのオフィスで、ボスは電話中。
  2. 入ってこようとした部下が、ボスを眺めながらドアを3回ノック。
  3. ボスは部下に気づいて「いいから座れ」みたいなジェスチャー。
というのが(サンプルにしたのは007ですけど)典型的なのではないかと。
話を綜合すると、「トイレの個室内に"人がいますか?"としてノックするという行為は、僕の欧米体験とは馴染まない」(いきなり開けてみて、そこに人がいたら「鍵かけとけコラ」と言う)という話になってしまうのですけれども、どうしましょう。

ふむふむ、なるほど。しかし、どうしましょうと言われたってねえ…。
前にも書きましたけど、ホントにトイレ談義って尽きませんねえ。

Copyright©yama-a Jun.2004mark

目次へ 次号へ 前号へ