馬鹿げた数え方?

先日新聞に「懐かしの童謡大全集」の広告が出ていました。音楽の中身はどうでも良いのですが、私の目にふと留まったのは「CD10枚組○○○円、カセット10巻組○○○円」という表記です。

「なるほど、カセットは1巻2巻と数えるのか。確かにテープを巻いてあるものなあ」とちょっと感心してしまいました。

日本語はものの数え方が大変多彩で、よく雑学クイズの問題になったりします。国語辞典の付録にもたいてい数量の呼称をまとめたページがあります。曰く、アワビ・イカ・タコは1杯2杯、位牌は1柱(はしら)2柱、大砲は1門2門…。

世の中にはこれらを「美しい日本語」の典型と見做して「旧き良き日本語」の復活を画策する人がいますが、私の場合はそういう気にはなりません。

例えばウサギは1羽2羽、蝶々は1頭2頭だなんて言われてもピンと来ないのです。なんでウサギみたいに羽のないものを1羽2羽と数え、蝶々みたいに小さいものを1頭2頭と数えるんでしょう? 理由や由来が解りません。そして理由や由来が解らないものは丸暗記するしかありません。単なる丸暗記というのは往々にして定着しないものなのです。

話は変わりますが、最近の若い人は豆腐を1パック2パックと数えるそうです。私は1丁2丁と数えます。
スーパーでパックに入って売っているか、豆腐屋でおっちゃんが水の中から1丁ずつ掬ってくれるか、そういう経験の差でしょう。

私にも豆腐を1丁2丁と数える理由や由来は解りません。でも、あえて丸暗記をする必要もなく、豆腐屋体験を通じて1丁2丁という呼称が身に染み付いてしまっているんですね。

それを考えると、ウサギを1羽2羽、蝶々を1頭2頭と数える習慣はそのうち完全に消えてしまうだろうなあと思います。豆腐屋が激減したのと同様に、ウサギや蝶々を目にする機会もどんどん減って来てますから。

花を1輪2輪と数える習慣はもう少し残るでしょう。花びらは同心円状に放射状に広がっているので「輪」という単位を使うことになんとなく説得力もありますし、花に蝶々が止まっているところを見る機会は減りましたが、花そのものはまだまだ街中いたるところで目にする機会がありますから。

花を見る機会が多いと必然的に「1輪2輪」という表現を耳にすることも多く、その結果、この古くからの言い回しが生き残る──そういう構図ではないでしょうか。

蝶々を1頭2頭と数えることに抵抗があるのは、牛や豚を1頭2頭と数える習慣が身に付いているからだと思います。しかし、生きた牛や豚を目にする機会もめっきり減ってしまいました。

豆腐を1パック2パックと数えるのと同様に、若い人に「牛や豚は何と数えるか?」と訊いたら「100g200g」という答えが返ってくる時代が来るかもしれません。

そう言われると「まさか」と笑うかもしれませんが、例えば私が米を1俵2俵とは数えずに5kg10kgと数えるのと一緒です。俵(たわら)に入った米なんて見たことありませんから。TVの料理番組では1合2合よりも1カップ2カップのほうが定着し始めています。

馬鹿げた数え方と一笑に付すのは難しい時代です。

Copyright©yama-a Jul.2004mark

目次へ 次号へ 前号へ