カレーライス

夏はやっぱりカレーの季節でしょう。
ところで、カレーライスのライス以外の部分のことをどう言いますか?

まあ、普通に考えれば「カレー」でしょう。

言葉の上でも実体においても、「カレーライス」の構造は単純で、下がライスで上がカレーです。まずお皿に盛り付けられるのがライス、次いで上からかけられるのがカレーです。だから、ライスにかかっているアレは「カレー」でよろしい。

ところが、ややこしいのは、「カレー」が往々にして「カレーライス」の略語として使われるという点です。だから、「カレー」と言った場合、カレーライス全体のことを言いたいのか、それともその一部分について述べたいのかがはっきりしないということです。

どういう場合に困るかと言えば、大盛りを注文する際に、カレーライスをたくさん食べたいのか、ライスにたっぷりカレーをかけてほしいのかが峻別できないということなのです。

となると、次に考慮すべきは「ソース」、もしくは「カレーソース」という言い方でしょうか?

「ソースっちゅうと、あのハンバーグやお好み焼きにかける奴か?」なんてボケたことを言う方おられます?(おられたら手を挙げてください)。もちろんウスターソースもお好み焼きソースもソースの1種ではありますが、同様にベシャメルソースもカレーソースもソースなのですから。

にも拘らず、「アレをソースと呼ぶのは、どうもしっくり来ない」なんていう方がいます。そんな方々がよく使うのが「ルー」という表現。

それは違うだろう!!!!!

ルーというのはインスタント・カレーにおいて使用される、カレーソース(しかも具は入っていない)を固めたものであって、カレーの材料であって手抜き料理人のための安直な手段にすぎず、断じてカレーライスという完成品の一部分ではないのです。

特に関西ではアレを「ルー」という方が多いのです──「ご飯は普通盛りでルーだけ大盛り」などと。

それを聞いていると私は、本当にご飯の上に茶色の固形物を載せて出してやろうかと思います。

特に我が家では、カレーを作る時に小麦粉とカレー粉を炒めるところから始める(つまり、ルーなんぞは使わない)ことがほとんどなので、ルーと呼ぶことにはなおさら馴染めないのです。

言葉の趣味は千差万別です。私はアレをカレーと呼びます。カレーライス全体と区別したい時は「ライスは普通盛りでソースだけ大盛り」と言います。いや、先に「ライスは」と言っている場合は「カレーだけ大盛り」で通じるでしょう。

カレーに対する嗜好も千差万別です。私は正調インド風カレーが好きで、蕎麦屋のカレーやカレーうどんは嫌いです。

ところで、最近めっきり減りましたが、昔はカレーライスのことをライスカレーという方がおられました。ある方がおっしゃるには、「まずお皿にライスを盛り付けてからカレーをかけるのだからライスカレーで良いのだ」と。

ならば、野菜カレーやマトンカレーは最初に野菜やマトンを盛り付けるのか? インドカレーやタイカレーは最初にインドやタイを盛り付けるのか?

どうもカレーについて語り始めると熱くなってしまう私です。
ちょっと辛口すぎましたかね?

Copyright©yama-a Jul.2004mark

[arrow このテーマの続編を読む]

目次へindex 次号へnext 前号へprevious