言葉を取り繕う

街の中、例えば駅の構内とかあるいは駅前広場とかに時計があって、その時計が止まっていたとします。時計に貼り紙がしてあって、そこになんと書いてあるか?──「修理中」あるいは「調整中」。これ、頭に来ませんか?

私は腹が立つのです。「嘘つけ! 誰も修理してないじゃないか」と思うのです。

「いやいや、さっきまで修理の人が来ていて、いろいろ調整してたけど、とうとう今日中に修理するのは無理と諦めて帰ったみたい。明日また来るらしいよ」なんて可能性もないではないです。本当にそうならば確かに「修理中」と名乗る権利はあります。でも、あまりありそうではない。そんなに難しい修理なら時計ごと外して持って帰るでしょう?

恐らくこのケースでは、修理の人に電話はしたけれど、まだ修理に取り掛かっていないのです。ならば「修理中」とか「調整中」ではなく「修理前」「未調整」のはずです。そして、貼り紙に書くのに一番適当な文言は「故障」です。

同じような例をもうひとつ。駅のプラットフォームに並ぶ広告看板。そのうちの1枚が白紙になっていて、そこにこういう貼り紙がしてあるのを見たことがあります──「意匠変更中」。

これも「嘘つけ!」です。

確かに暫くしたらそこには新しいデザインの新しい広告が嵌るのでしょう。でも単にデザインを変更しているだけのことであれば何も前の広告を外して白紙空欄にしておく必要はありません。

要するに前の広告の期限が切れて、次のセールスができていないのです。この文法に従うのなら、アパートやマンションの空室に「内装変更中」という表示をしなければなりません。

あるいは次の商談はちゃんとまとまったのだけれど原稿が間に合っていないだけかもしれません。でも、いずれにしてもそれは「意匠変更中」などという小綺麗なものではなく、単に「空き」なのです。仮に商談がまとまっていて、もう空いていないことを強調したければ「予約済み」とすべきです。

別の例をもうひとつ。電車の「回送」──これもよく見る表示です。で、これを英語にすると out of service。英語のほうが遥かに解りやすくありませんか? 要するに客は利用できないのです。

日本語のほうは客の立場からではなく、鉄道会社の立場から書かれています。「この電車は車庫に回送します」と書いてあるのです。で、客のほうは思考を一歩進めてみて初めて「ということは乗れないのか」と理解できるのです。

これらの表現の共通点は不正確とか非論理的とかいうことじゃなくて、いずれも「言葉を取り繕っている」ということだと思います。

「放ったらかしにしてる訳じゃないですよ。今修理してます。意匠を変更してます」「急に気が変わって乗せないって言ってるんじゃないんですよ。この電車は元から回送というダイヤなんです」──つまり、「私はやるべきことはちゃんとやっている」というニュアンスなんです。

「言葉を取り繕うひまがあったら早く時計を修繕しろよ」──そう思いませんか?

我々日本人は、ともすればこんな取り繕った表現をしてしまいます。私自身も仕事の時には気がつくとこの種の表現をしていることがあります。でも、取り繕った表現は結局不親切な表現です。

言葉はメッセージです。まず、相手の立場でストレートに事情を伝えることが大切ではないでしょうか? あなたがやるべきことをちゃんとやってるかどうかなんて、私にとってはどうでも良いことです。問題は時計が合っているのか、電車に乗れるのか、等々です。

日本人は「結果ではなくちゃんとやるべきことをやったかどうかが大切」という考え方の人が多いみたいです。でも、それに拘泥すると、こういう不親切な表現を連発してしまうことになるのではないかと私は思うのです。

他人には、とりわけ客には、親切にしましょうよ。私は解りやすい表記のほうが好きだな。


[追記]

自分で気がついたのですが、now printing っていう表現があるじゃないですか? 「意匠変更中」ってそれの日本語訳なんじゃないかな? ということは、英米でもそういう表現をしているということか?

でも、英語表現のほうは回りくどさがなくて、なんか洒落た雰囲気があるのは何故?

日本語のほうは「いえ、ただ今意匠を変更しておる最中でございまして」という慇懃無礼な感じがするのに対して、英語のほうは「え? 今刷ってんだよ。もうちょい待ちな」って軽い感じ。

単に私が悪しきアメリカかぶれだからでしょうか?

Copyright©yama-a Aug.2004mark

目次へ 次号へ 前号へ