広辞苑とジャイアンツ

最近、「立ち振舞い(たちふるまい)」という言葉をよく聞きます。気になって仕方がありません。

正しくは「立ち居振舞い(たちいふるまい)」です。その「居」って何なんだ?と言う人がいるかもしれませんね。「居る(ゐる)」は古語で「座る(すわる)」という意味です。

「立ち居振舞い」というのは「立つ」「居る」「振舞う」の3点セットなんです。つまり、立っている時と座っている時と(何かして)動いている時です。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」って言うじゃないですか。あれと同じ構造です。

それが「居る」を落として「立ち振舞い」にしてしまうと、人間の基本動作のうち1つが抜けたままで、なんか不完全な形容になってしまうと思いませんか?

え? 「立ち居振舞い」にしても寝てる時が抜けてるって? 寝てる時はいいんですよ。どうせこっちも眠ってて分からないんだから。

──なんて話を、調子に乗って会社でしていたら、それから2時間ぐらい経ってからある人に言われました──「『立ち振舞い』も広辞苑に載ってるよ」って。

げっ! そんなもん載ってましたか。くそっ…。

広辞苑に載ってたとなったら私の負けですね。辞書の世界で広辞苑と言えば、野球になぞらえると巨人軍の前オーナーのナベツネ氏みたいなもんで、年も食ってるし権威もあって却々逆らえたもんではありません。うぬ、にっくきかな広辞苑。

しかし、昔の正力さんは別として、最近の巨人軍のオーナーはおかしいんじゃないの?
ほんでもって最近の広辞苑も──って、これは負け惜しみ。巨人軍のほうは本気。

Copyright©yama-a Apr.2004mark

目次へ 次号へ 前号へ