お化けを避けたらクズ扱いかよ

最近のメール・ソフトは随分賢くなったもので、送られてきたメールをジャンク・メールかどうか判断してくれたりします。もちろん最終的に本当にジャンクだったのかどうかの判断は使用者に委ねられる訳ですが。

最近驚いたのは、私がある人に送ったメールがジャンク・メールだと判断されたことです。どうやら原因はタイトルが英語だったことのようです(それ以外には考えられません)。

ちょっとガックリ来てしまいました。
会社の私のPCに初めてメールが導入された時、「タイトルは英文字で」と厳しく指導されたものです。

それは異なる環境の間で、つまり、機種の違うPCの間(特に Win と Mac の間)で、あるいは異なるメール・ソフトの間でメールを無事に受け送りするための工夫であり、エチケットであったのです(これを「ネチケット」と言いました)。

昔は全角文字でメールを送ると文字化けしてしまうことが日常茶飯事でした。メール本文だけではなく、タイトルも、差出人名も、添付ファイル名も。

本文については、日本語で書くなら全角文字は避けようがないので、もし化けてしまったら諦めるしかありませんでした。だから、せめて差出人名とタイトルだけは直接入力にして、「○○というタイトルのメールをもらったけど文字化けして読めません」という返信ができるようにという工夫だったのです。
差出人名が化けていたら返信もできません。

添付ファイル名もよく化けました。拡張子まで文字化けしてしまうことも多くて、そうなるとどのアプリケーションで開けば良いのか、もらった人にもPCにも判断がつきませんでした。そのために、添付ファイル名は全て英数直接入力にしたものです。

私はそういう教えを「なるほど」と受け入れました。そして、そういうネチケットを守らない人から来たメールが読めないという実体験もしました。それで、差出人名・タイトル・添付ファイル名は頑なに英語にしていました。

「よほど英語が得意だと吹聴したいのだろうな」と思う人も中にはいるだろうな、とは思いながら、それでも一途に教えを守ってきました。本文中にもいわゆる機種依存文字を使わないように細心の注意を払ったものです。逆に、うっかり本文中に丸数字を使ってしまって厳しく叱責されたこともありました。

ところが、そういう頑なな旧人類を尻目に、PCもメール・ソフトもどんどん進化して、今やウェブ・メール以外では文字化けを見るのが珍しいくらいになってしまいました。「差出人名は漢字にしたほうが相手に対して親切です」なんて書いてある本も出てきました。

そうなると私の頑ななメールに対して、ますます「よほど英語が得意だと吹聴したいのだろうな」と思う人も増えるでしょう。さすがにちょっと気になってきました。

それで、私もだんだん日本語のタイトルのメールを書くようになり、日本語のタイトルのファイルを添付するようになりました。
気の置けない相手に対しては昔ながらの習慣で英語のままなのですが、あまり親しくない人にメールを送る場合についつい気になって日本語に書き換えてしまいます。ただ、差出人名だけは英語のままですし、本文中に機種依存文字は一切使わないようにしています。

時代は変わり、文字は化けにくくなってきました。だからと言って、わたしの英題メールをジャンク(くず)扱いされるのはどうにも納得が行かない、と言うか、何だか淋しいなあ。


[追記]

などと言っていたら会社で新たな字体、じゃない、事態発生。やっぱり文字化けは不滅のようです。

ウチの会社の標準ブラウザ/メーラは Netscape Communicator でした( Microsoft に対する不信感から IE+OL/OE の組合せを避けたのです)。ところがこのソフト、ver4.78 を最後にバージョンアップしなくなってしまいました。

その間にもインターネットは新たな表現方法を増やし、重くなり、とても従来の NC4.78 では閲覧できない事態が頻出しました。

それで、結局 Internet Explorer/Outlook の組合せに切り替える社員が続出し、会社もそれを容認しました。
会社は Netscape 7.x への乗換えについては消極的でした。

一方で会社は次期標準メーラの候補選びに着手し、私がその候補の一つである Shuriken Pro3 (ジャストシステム社)の社内でたった一人のモニタを勤めることになりました。そうしたら来るわ来るわ、添付ファイル名の文字化け/不具合のオンパレード。

拡張子を含むファイル名後半が切れてなくなる、拡張子の途中にスペースが挿入される、ファイル名の一部が化ける、関連付けが消える(この場合は受け取ったほうがアプリケーションを指定してやればファイルは開く)、最悪の場合はどんなに手を尽くしても開くことも保存することもできない…。

詳しい人に調べてもらうと、ファイル名をどの文字コードで設定しているかの問題でした。

JIS が読めないってのもひどいなあとは思うけれど、しかし、普通の人は、本文の文字コードならともかく、添付ファイル名の文字コードがどうなっているかなんて知らないし、どうやって変更するかも解らないでしょ?

異なるメーラ間でのメール交換の場合、やはりこういうトラブルは消えていないのです。

ね? 添付ファイル名だけでも ASCII にしませんか?

Copyright©yama-a Sep.2004mark

目次へ 次号へ 前号へ