丼で行こう

「どんぶり」のことを「丼ぶり」と書いて、しかもそれを表通りの看板に掲げている店がありました。ふむ、困ったものです。それじゃ「どんぶりぶり」じゃないですか(などと言いつつ、丼に山盛りになったブリのアラ煮を想起してみる私)。

きっとアレなんでしょうね、「天丼」「カツ丼」を「てんどん」「かつどん」と読むところから「丼」という字は「どん」と読むのだと勘違いしたんでしょうね。

でも、ちょっと考えたらすぐに解るように、「てんどん」は「天ぷらどんぶり」の、「かつどん」は「カツどんぶり」の略なんです。省略というものは文字単位ではなく音節単位でなされるために、「天ぷらどんぶり」が「てんどん」に、「カツどんぶり」が「かつどん」になってしまった訳です。

ところが、残念なことに「丼」という漢字は1字で「どんぶり」と読んでしまうので、途中で切られると書きようがなくなるのです。それで「天丼」を「てんどん」、「カツ丼」を「カツどん」と便宜的に読ませている訳ですが、本来「丼」という漢字にはドンという音読みはありません。元々「井」という漢字の異体なので、音読みも同じ「セイ」なのです。

「うなぎどんぶり」を「うなどん」と略す場合はもっと不自然で、「鰻」は1字で「うなぎ」、「丼」も1字で「どんぶり」と読む漢字なのに、「鰻丼」と書いてあると我々はついつい「うなどん」と読んでしまいます。同様に「鰻重」と書いてあったら「うなじゅう」と読むのが普通で、「うなぎじゅう」と読む人はまずいないでしょうね。

これはひとえに慣れの問題ですね。本来その漢字がどういう読みかということとは関係なく、単なる慣習の問題。そう、「モー娘。」と書いてあったら「もーむすめ」ではなく「もーむす」って読むでしょう?

というような事情が背景にあるからなんでしょうけど、ワープロで打ってみると「天丼」も「カツ丼」も「鰻丼」もちゃんと変換してくれます。

ところで、「天ぷらどんぶり」は「てんどん」と略すのに、「親子丼」「他人丼」「木の葉丼」などは後半部分を「どん」と略すことはあっても前半は省略しません。何故か?

そもそも親たる鶏と子たる卵が入っていて初めて「親子丼」なのだから、「おやどん」にしてしまうと卵が入ってないみたいじゃないか、って? それも一理あります。

でも、それよりも大きな理由は「親子」も「他人」も「木の葉」も3文字(3音)だから。
日本語は4文字以上なら省略して2文字にするけど、3文字だとなんとなく許される傾向が強いように思います。

え? でも「鰻丼」の「うなぎ」は「うな」に省略されてるじゃないかって? 難しいこと言わないでよ。ここはひとつ丼勘定で行きましょうよ。

Copyright©yama-a Oct.2004mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ