今様接続詞あれこれ

最近の若い女性は「なので」という接続詞を多用するようです(ま、男性にもそういう人が増えてきましたが)。昔は「だから」を使ったものです。だから、「だから」は載せていても「なので」はまだ載せていない辞書が多いようです。

「なので」自体は新語ではなくて、以前から使われていた言葉ですが、それは以下のような使い方でした。

等々。

これらは断定の助動詞「だ」の連体形(または形容動詞「不安だ」「曖昧だ」の連体形活用語尾「な」)+接続助詞「ので」という用法です。

ところが、最近の若い女性は「なので」を1単語として文頭に使います。「なのでー」といった感じにまったり喋ります。だから、この「なので」は聞いていて気持ちが悪いのです。なんで「だから」と言わないのでしょう?

しかし、実はこの「だから」も元々は断定の助動詞「だ」の終止形(または形容動詞の終止形活用語尾「だ」)+接続助詞「から」の2単語でした。それが証拠に、上の例文では「なので」と「だから」は完全に交換可能です。

少し断定が強調されて、やや険しく理屈っぽくはなりますが、概ね意味は同じです。

つまり、接続詞「だから」は昔から使われてきたので違和感がなくて、「なので」は最近になって使われ始めたから気に入らないというだけなんです。よくあることです。

まあ昔の若い人も今の「なのでー」と同じように「だからー」と引き伸ばして発音して年寄りに嫌がられたものです。

そう言えば、私が中学生か高校生の時に「だからー」と言って先生にたしなめられた同級生がいました。

その生徒は先生の言ったことに反論しようとして「だからー」と言い始めたのですが、先生が遮って、「なんで『だから』なんだ? 『だけど』か『しかし』でしょ!?」と言いました。

言いたいことは解ります。「だから」は順接の接続詞であって、逆接なら確かに「だけど」か「しかし」です。

しかし、「だから」と言った生徒のほうの気持ちも解ります。彼の心の中では「だからさっきから言ってるように」って感じなんです。彼の頭の中では全てが理屈どおりに繋がっていて「しかし」が入り込む余地なんかないのです。先生の発言に対する逆接ではなく自分の心の中の順接なのです。

そういう例とは少し趣きが異なるのかもしれませんが、最近の若い人は露骨な反論や否定の表現を避けようとします。そういう時に最も多用されるのは「てゆーか」という新語の接続詞です。言うまでもありませんが、「てゆーか←と言うか」です。

単なる繋ぎのように見えて、よくよく考えるとほとんど「いいえ」「そうじゃなくて」の代用の場合もあります。

「ホントは行きたいんでしょ?」
「てゆーか、行っても仕方ないじゃん」

表向きは「反論するんじゃないですよ、単なる言い換えですよ」って感じですね。

相手の言うことを遮って強引に話題を変える場合にも使われます。

「ねえねえ、早く行こうよ」
「てゆーか、お前、そのカッコなんか変じゃない?」

「ところで」よりもかなり微妙で深みのある表現であるような気さえします。便利な言葉であることは間違いありません。

ところで、いろいろ紹介しているうちになんだか話題がコロコロ変わって、何を書いてきたのか解らなくなってしまいました。

なのでこの辺でやめにします。てゆーか、若い人の新しい言葉って、馴染めない感じがしても分析して使ってみると結構便利だったりして楽しいです。(と、無理やり使ってみたのですが、どうも私には似合いませんねえ。やっぱ、若い人とは接続しきれない年齢なんですかね?)

Copyright©yama-a Oct.2004mark

目次へ 次号へ 前号へ