えーっと

高校生の時、「歳をごまかすために干支(えと)も一緒に覚えておけ」とよく言ったもんです。いや、正確に言えば、不良っぽい同級生がそう言うのを「なるほど」と思って聞いていた記憶があります。

つまりはこういうことです。
例えば煙草を吸っているところを警官に見つかったとします。

警察官:「君、歳はいくつ?」
高校生:「え? 二十歳だけど」
警察官:「じゃあ、何年(なにどし)生まれ?」
高校生:「えーっと、子、丑、寅、卯、…」

これではごまかし切れないですよね。

私たちの年代の人間は「子、丑、寅、卯、…」と順番に言って行けば最後まで言えるのが当たり前です。ただし、「じゃあ巳の次は何?」などと訊かれると「子」から言わないと判らなかったりもします。順に辿るならまだしも、遡るとなるともっと難問で、だったら最初から「3歳上は何年(なにどし)」と丸暗記しておいたほうが良いというのが、私の同級生のアドバイスでした。

今の高校生は「子、丑、寅、卯、…」と順番に言い始めても最後まで言えない人が多いのではないでしょうか。まあ、今の警官はきっと「何年(なにどし)か?」なんて訊かないでしょうけどね。

別に干支なんて覚えてなくても不便なことはないし、恥ずかしいことでもないです。知ってても大した得にはなりません。「牡羊座、牡牛座、…」から「…、水瓶座、魚座」まで言えなくても構わないのと同じです。

大昔なら当然のことだったかもしれませんが、今では公式文書に何の干支の年か、何年(なにどし)生まれかなんて書くことは全くありません。

さて、ここまで「十二支」のことを「干支(えと)」と書いてきましたが、漢字を見ても判るように本来「干支=十干+十二支」なのです。

十干は「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」です。音読みすれば「こう・おつ・へい・てい・ぼ・き・こう・しん・じん・き」です。頭の4つくらいまでは、かつて通信簿などでランク付けするのに使われました。また、今でも契約書にはこれらを契約当事者の記号として使っており、(実際見たことあるんですが)10社契約なら「甲」から「癸」まで全部出てきます。

十干には訓読みもあってこちらは「きのえ・きのと・ひのえ・ひのと・つちのえ・つちのと・かのえ・かのと・みずのえ・みずのと」となります。これは「陰陽五行」という説と結びついており、万物を形作る5つの要素「木・火・土・金・水」と「兄・弟」を結びつけたものです。つまり「木の兄=きのえ=甲」「木の弟=きのと=乙」といった具合です。

十二支は「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」です。訓読みは「ね・うし・とら・う・たつ・み・うま・ひつじ・さる・とり・いぬ・い」ですが、音読みすると「し・ちゅう・いん・ぼう・しん・し・ご・み・しん・ゆう・じゅつ・がい」となります。

こちらは時間や方角を表わすのにも使います。「子」が0時、「丑」が2時、と2時間おきに進んで「正午」は12時ジャストです。また「子」が北、「丑」が北北東、と30度ずつ進んで行きます。北東は「丑寅」、南東は「辰巳=巽」、南西は「未申」、北西は「戌亥=乾」となる訳です。

この十干と十二支を組み合わせると「甲子」「乙丑」から始まって(10と12の最小公倍数である)60通りが出現したあと再び「甲子」に戻ります。日本人はこれを年に当てはめてきました。

「丙午(ひのえうま)」の年というのはここから来ています。60歳を「還暦」と呼ぶのは干支が一回りするからです。甲子園球場は「甲子」の年にできた球場なのです。「壬申の乱」「戊辰戦争」「辛亥革命」など歴史で習った事件名の意味が解ったでしょう? 少しは興味が湧きましたか?

私たちの時代でさえ十二支で「何年(なにどし)生まれか?」と訊かれることはあっても十二支+十干の組合せで訊かれることはありませんでした。誰も答えられないからです。

いつの日か、「何年(なにどし)生まれ?」と訊かれることもなくなるでしょう。何故なら、きっとそれさえ答えられなくて当たり前になるだろうから。

いや、やっぱり十二支だけは生き残るかなあ。年賀状に干支を書く風習が続く限り。

今年もそろそろ年賀状の季節ですね。

Copyright©yama-a Nov.2004mark

[ この文章の書き直しを読む]

目次へ 次号へ 前号へ