我が身をつねって他人の痛さを知れ

以前、私は「なせばなる…」という言葉が嫌いだと書きました。今回はまた別の嫌いな言葉について書きます。「まあ、あれが嫌い、これが嫌いとうるさいオヤジ」と思われるでしょうが、前回の内容に共感を覚えた方はお読み下さい。

今回の言葉は「我が身をつねって他人(ひと)の痛さを知れ」です。
これも私の母親が好きだった言葉で、小さい頃よく言われました。

そんなもん知れる訳がないでしょう。

我が身をつねって知るのはあくまで我が身の痛さです。「何を屁理屈を」などとおっしゃる方もあるでしょうが、いや、この言葉が言わんとするところは理解しています。その上で気に入らないのです、そのアプローチが。

我が身の痛さが他人の痛さと同等・同質であると思い込むことによって、私たちは知らず知らずに他人を傷つけてしまうことがあるのです。

若い頃、仕事で弱音を吐くと上司によく言われました──「そんなもん屁でもない。俺なんかもっとひどい目に遭ってる」だの「俺なんかもっと大きな修羅場を潜ってきた」だの「そんなことで四の五の言われた日にゃ、俺の若い頃のことなんかどうしてくれる?」だの…。

それに対する答えはこうです──「あんたの若い頃のことなんか知らん」。

いつも自分を基準に世界を一般化するのはやめませんか? あなたが苦労したから私にも同等の苦労をというのは、一見正しそうに見えて実は極めて非論理的な見解です。

「我が身をつねって…」という金言は、我が身の痛さにさえ思いを馳せないくらい物事を考えない人間に対しては有効なアドバイスかもしれません。しかし、日々発展してゆく個人主義世界の中で求められるのは次の段階、つまり「我が身の痛さから他人の痛さを総合的に類推する」ことなのです。

私は自分で自分をつねってみて、別に痛くはなかった。ただ、彼の場合は少し痛いかもしれない。何故なら彼の場合は私の場合とこれこれの点が違うから。

あるいは逆に、

私は自分がそうされるのが嫌だからそういう行為を悉く避けてきた。でも、よく観察してると他人は必ずしもそうではないみたいだ。それどころか、逆にそういう行為を求めている人さえいるように見える。そういう人に対しては、私はそれをやってあげるべきなのか、あるいはあくまでやめておくべきなのか?

このくらいの次元にまでたどり着かないと、人間らしい生活とは言えないのではないでしょうか?

もちろん、真実は常に極端と極端の中間にあります。我が身の痛さと他人の痛さが完全にイコールであることはないかもしれませんが、逆に痛いという本質が共有できないケースも稀なはずです。

要はどちらの極端からアプローチするかということなんです。自分は相手のことを解っている(あるいは解ることができるだろう)という前提に立つのか、自分は相手のことなんかちっとも解っていないという自覚からスタートするのか。どちらが悪いとは言いません。でも、少なくとも私は「あ、俺平気だから、あいつつねってみよ」みたいな脳天気な一端からアプローチするのは御免です。

人は皆違うのです。──もちろん、そういう一端からスタートすると思案ばかりが先に立って行動が遅れることがあります。構いません。それが言わば私の人生観です。それよりも他人の痛さを知りえない自分の卑小さを意識したいと思います。

私とは正反対の人生観を持つ人もいます。私はそういう人たちを排斥しません。そういう人たちと共に生きる、そういう人たちと相互に作用しあって生きる、そういうことで世の中は豊かになるのです。

ただ、私自身の出発点としては恰も「我が身をつねって他人の痛さを知った」かのような位置には立たない──それだけのことです。

理屈っぽいですか? 考えすぎですか? いずれも私の個性です。
多分あなたとは違う痛みを抱えて生きて行くのだと思います。

Copyright©yama-a Nov.2004mark

目次へ 次号へ 前号へ