それでも英語が通じました[2]

以前「それでも英語が通じました」というのを書きました。今回はその続編です。

昔ウチの会社は毎年ハワイでイベントをやってました。それで当然毎年ハワイに行く訳ですが、スタッフにとっては入国審査が一種の鬼門でした。あるスタッフはヤクザと間違われて両手を台の上に載せるように言われたそうです(指詰めてないかチェックしたんですね)。

私の場合はこうでした。

我々は1年目は「観光」と称して入国していたのですが、バレるとヤバイので2年目からはちゃんと「仕事」で入国することにしました。

入国審査官が決まり文句で"Sightseeing?"と訊いてきたのに対し、決然と"No, business"と答えたら、即座に"What business?"と切り返されました。

「私はいついつ開催されるこのイベントのスタッフの一人だ」と辛うじて説明したのですが、今度は「そのイベントにおいてお前はどんな働きをするのか?」と来ました。

私の場合は営業でしたのでスポンサーのアテンドが第一義の仕事でしたが、我々クラスの小さな会社の場合、人手が足りないこともあって一人でいろんなことをやらされてました。

基本的にはスポンサーの意向を実現するためなら何でも、イベントの運営にも具体的に干渉しますし、旅行代理店の代理みたいなことまでこなしてましたし、物理的な準備のための単純肉体労働もありました。

しかし、それを英語でどう表現するか? そんなややこしいこと巧く訳せませんし、下手に変なこと言って怪しまれるのも不本意です。「うーん、どう言おうか?」と悩んだ挙句、私の口をついてふと出た言葉は"Mm....Everything!"でした。

入国審査官は"Everything?"と驚いたようで、英語でどんな表現だったか忘れましたが、「全部やんのか? そりゃ大変だ。まあ、頑張って。どうぞ」みたいな感じでサッと入国させてくれました。

それに引き換え一緒に行った事業のスタッフは同じように聞かれて「俺はイベントの運営をするんだ」というつもりで「アイ・アム・ア・コーディネーター」と言ったら、その瞬間にポンと赤ランプが点って別室に連れて行かれてしまいました。

【教訓1】ものは言いようですね。あんまりカッコつけて言おうとしないほうが良いみたいです。

私がNYでスーツケースの鍵をなくした時もそうでした。フロントに電話をして相談したところ、「今すぐセキュリティのスタッフを遣るから」と言ってくれたのですが、そのセキュリティのおっさん、暫くほったらかしにした挙句、直接部屋に来ずにまず電話をしてきました。

この電話という奴がまた厄介ですね。たまたま最初に上手く喋れたりすると、「こいつは英語がわかる」と判断されてワーッと畳み掛けられます。そうするともうついて行けません。相手が黒人だったので特にそうでした。

で、この黒人セキュリティが、「今から鍵を何本か調達してそちらに向かうが、どんなタイプの鍵だ?」と訊いてきました。

そんなもん、英語で説明できますかいな。ちょっと説明しかけたのですがやっぱり巧く通じません。で、仕方なくそのまんま"I can't explain in English what it looks like"とかなんとか(これで合ってますかね?)言ったら、"OK, I'll be right"の一言を残して漸く部屋に来てくれました。

【教訓2】わからんことは素直に「わからん」と言うこと。そうすれば少なくとも「わからん」ということだけは伝わります。

話はまたウチの会社のイベントに戻ります。ハワイのホテルでも面白い事件がありました。

ある人の部屋の風呂だったかトイレだったかが詰まって水が逆流し、部屋が水浸しになってしまいました。その人大慌てで部屋を飛び出したものだから、鍵を部屋に残したままオートロックで締め出されてしまい、仕方なく向かいの同僚の部屋からフロントに電話をしたのですが、何しろ慌てたもんで"Water, water!"の一点張り。

すると暫くして部屋のチャイムがピンポンと鳴って、ボーイがコップと水差しを持って立っているではありませんか。「違う、違う」と部屋を見せたいのですが、締め出されていて見せられない。

仕方なくもう一度フロントに電話をして、彼はこう絶叫しました。
"My room is river!"

まあ、なんと詩的な表現か!(冠詞が抜けているのが玉に瑕ですが)。でも、それで通じたそうです。

【教訓3】英語は通じなくてもパニックは伝わる。

それから、これは私たちのスタッフの話ではありませんが、旅行会社の人に聞いた話では、同じように部屋から閉め出された日本人がフロントに電話して、"Me outside, key inside"と言ってちゃんと通じたのだそうです。

outside と inside の対句はともかくとして、me と key まで韻を踏んでいるのは、偶然とは言え天晴れですね(ここでも key に冠詞がついていないのが玉に瑕ですが)。

私は「旅の恥はかき捨て」というのは、専らこういう海外旅行における言葉のトラブルを言うのではないかと思います。

言語は物事を伝えるための手段のひとつに過ぎません。問題はどんな英語表現をするかではなく、どうやって伝えるかなんです。旅はその実習になります。

Copyright©yama-a Dec.2004mark

目次へ 次号へ 前号へ