年頭の辞

これだけたくさんの雑文を書き散らしてしまうと恐らく全部読んでくれる人はいないでしょう。全部とまでは言わなくても何本かまとめて読んでもらうと解るはずだなんて主張するにも無理があるので、ここら辺で一度、ことばに対する私のスタンスを整理しておこうと思います。

ちょうど良いので、これを年頭の辞ということにしちゃいましょうかね。

「造語と規範性と機械のあさましさ」で書いたように、私は規範性の高い言葉の使い手を以て自任しています。つまり、新しい表現にすぐに飛びつくのではなく、昔からある「由緒正しい」言葉を選ぼうとするタイプなんです。保守的であり守旧派なんですね。

しかし、「間違った言葉遣い」にも書いたように、保守・守旧というのはやりだしたらキリがない訳で、昔からある由緒ある言葉に見えても、もっと昔に遡れば一時的な流行語でしかなかった可能性もあります。それならどこまで遡れば良いのか、どんどん辿ると現代人には1語たりとも理解できない原始人の言語になってしまいます。

だから、自分で「規範性が高い」なんて言いながら、実はなんだか馬鹿馬鹿しい気もしないではありません。

一方、言葉の世界で規範性の高いものの代表としては辞書があります。新しい言葉や表現が出現してきても、ある程度社会に定着しない限り、辞書はそれを採用しようとはしないでしょう。もっとも、最近ではいち早く新語を収録することを売り物にしている辞書もあるので、少し様相が異なってきているのかもしれませんが…。

それでもやはりある限界を超えて社会に流布しなければ、どんな辞書も取り上げはしません。新語の多くは2〜3年で跡形もなく消え去ってしまうので、そんなものを載せすぎると改訂の手間ばかり増えるので、辞書を出版する会社もそこまでのリスクは犯さないのです。

逆に言うと辞書に収録されると、その言葉は社会的に認知されたということの証拠なのかもしれません。

それで、世の中には「辞書に載っていればその表現は正しい、載っていなければその表現は間違い」とする考え方があります。ま、それもひとつの見識でしょう。

でも、歴史的には、辞書に載っていなかった表現が次第に幅を利かせてきて、それがいつしか完全に定着するという現象が繰り返されています。そんな言葉の例を挙げろと言われれば山ほどあります。結局、辞書は後追いするしかないのです。

私がこのサイトに「これこれの表現は誤り」などと書くと、「いや、ちゃんとこの辞書には載ってるよ」というメールを下さる方がいらっしゃいます。そういう場合には必ず得意の[追記]をつけてそのことを紹介するようにしています。私自身、一応謙虚な気持ちでいることを示したいし、また辞書に対して割合従順な態度でいることの表明でもあります。

しかし、そうは言っても、その表現は実はほんの20年前には辞書には載っていなかったのかもしれません。

逆に、「いやあ、知りませんでした。私自身も間違えて憶えていました」という、これまた謙虚なメールを下さる方もいらっしゃいます。

しかし、ほんの20年後には、その表現はいつの間にやら正しい表現になっているのかもしれません。

言葉に対する正しい/正しくないの判断というのは、そういう相対的なものなんです。──このことをきちんと認識しておこうというのが私のスタンスのひとつの柱です。

言葉は誰かが決めるのではありません。辞書が決めるのでもなければ、言語学の権威が認定する訳でもありません。

そうなると、言語学の権威(ここで言うのは学者/先生という意味ではなく、まるで自分が権威であるかのような意識の人)としては面白くない。面白くないからムキになって声高に叫ぶ。──「どうしてそんな言葉遣いするんだ? それは誤りだ!」──でも、それは往々にして負け犬の遠吠えです。
私にはそういう権威的な存在を嗤いたいという気持ちもあります。

それを考えると、時々このサイトで言葉の誤りを指摘している私も馬鹿げた存在です。しかし、それでもいろいろと書き連ねているのは、私には私の拠り所があるからなんです。言葉に対する拠り所が。

拠り所がなくては困るとか、いや、そんなものなくたって構わないとか言うのではなくて、私が生きて言葉を使っている限り厳然としてそれはあるのです。意識しているかしていないかは別として、誰でも喋ったり書いたりする限り、自分なりの喋り方・書き方というものがあるのです。それが自分の言語感覚なのです。

だから結局自分の思うところ、感じるところを書いています。

他人はこの言葉を使うけれど自分は使うの嫌だなあとか、自分は決して使わないけど、この表現結構便利だし面白いなあとか、ありゃ?正しい言葉遣いをしている(はずの)自分が他人から「変な表現を知ってる」なんて言われるのかとか、そういうひとつひとつを大いに楽しみながらここに展開している訳です。

言葉は変わって行きます。いや、言葉だけではありません。あるゆるものは流転すると言っても良いでしょう。だから、それに抗っても無駄なのです。しかし、だからと言って流されるだけではつまらないじゃないですか。

どれが正しい表現なのか、「あの人も使ってる。この人も使ってる。あ、じゃあ正しいのか」なんてプロセスを踏んでからでないと言えないのはこれまた窮屈な社会です。

何も自分の思い通りにはなりません。しかし、自分から社会に働きかけていれば、自分の思い通りとまでは行かなくても、少しは自分の思いに近い方向に向かうかもしれません。自分から社会に対して働きかけない限り、自分の思いを表明しない限り社会は微動だにしない──というのも、これまた真実なんだと思います。

そんな気持ちをこのサイトに表しているつもりです。

私がいくら誤りだと書いても、ほんの4〜5年のうちに「正しい」表現として定着してしまうなんてことはザラにあるでしょう。逆に、私がここに書いたことによって、ひょっとすると一握りの読者の方が同感してくれて、そこから口コミが広がって、何らかの拍子に雑誌か何かにも取り上げられて、いつの間にか全国的な運動となって…、みたいなこともないとは言えません。いや、あったら楽しいじゃないですか?

我を通そうと言うのではありません。一方で社会の情勢を受け入れ、しかしその一辺倒ではなく、他方で自分からも表明し働きかけよう、ということなんです。その上で今後社会がどうなって行くのか、それを見守るのがとても楽しいし、過去どのように変化してきたかを調べるのもとても楽しい。──それが私のスタンスなんです。

それが「普通、正常、健康」で書いた「内なるバランスと外とのバランスとのバランスを取る」という作業です。

誤解されるといけないので書き添えますが。私は何も誤りばかりを指摘しているつもりはありません。その逆もやっています。つまり、「この表現は間違いだ」と言う人が多いですが、でもこれでも良いじゃないですか、みたいなことも。

私は時として「これでも良いじゃないか」と言える自分がとても好きです。それは心のバランスが取れた結果のような気がするからです。

私の言語のバランスは世間の言語のバランスにどのように作用しているのでしょうか?
それは読んでくださった皆さんが決めることです。

Copyright©yama-a Jan.2005mark

目次へ 次号へ 前号へ