真逆と、真逆の真っ逆さま

最近「真逆(まぎゃく)」という言葉をよく聴きます。私はこの言葉がどうにもこうにも気持ち悪くて仕方がありません。で、例によって、どうして気持ちが悪いのか考えてみました。

昔は「真逆」などとは言わずに「正反対」とか「180度違う」などと言いました。「真逆」が勢力を伸ばしてきたのは、これらの表現よりも短いからでしょう。

「真(ま)」という言葉はいろんなものにくっついて強調の役割を果たします。やまと言葉にも漢語にも、熟語にも漢字1字にもくっつきます。くっつく時には後に続く音によって「真っ」と促音化したり「真ん」と撥音化したりもします。

やまと言葉につく例としては「真夏、真後ろ、真昼間(まっぴるま)、真ん中」、漢語につく例としては「真正面(ましょうめん/まっしょうめん)、真っ最中、真っ正直」等々。そして、その中には漢字1字についているものもあれば熟語についているものもあります。

ただし、音読みの漢字1字に続いている例はないのです。真上、真下、真横、真夏、真冬、真っ暗、真っ黒、真っ白、真っ赤(まあか→まっか)、真っ青(まあお→まっさお)…。「真+訓読みの漢字1字」の例はいくらでもありますが、音読みの例はないのです。

「真っ当」くらいでしょうか? でも、これはちょいと毛色が違います(「逆」は完全に独立した単語ですが、それに比べて「当」は独立性がやや弱いです)。あとは「真っ白」や「真っ赤」から派生したと思われる「真っ茶」(=真っ茶色)がありますが、いずれにしても「真」の後に漢字1字が続く場合は訓読みであるのが普通なのです。

私が「真逆」を気持ち悪く思うのはそういう理由だったのです。耳慣れない使用例だったので気持ち悪かったのです。いつものことです。

そして、上で「『真逆』が勢力を伸ばしてきたのは短いから」と書きましたが、しかし、実はマギャクはかなり発音しにくくて、セイハンタイのほうがよほど言いやすいのではないでしょうか?

うーん、なんでこんな言葉がはびこっちゃったんでしょうね? まさかこんな言葉がこんなに広がるとは…。

ところで、「まさか」って漢字で書くとどうなるか知ってます?──「真逆」なんですよね。まさかと思うでしょ? でも本当なんです(ま、当て字でしょうけどね)。ほいでもって、この「まさか」も「真+訓読みの漢字1字」の例なんですよね。

そこまで聞くとますます「真逆(まぎゃく)」が気に障るでしょ? え、そんなことない?
あなた、私と真っ逆さまの感性の持ち主ですね。

Copyright©yama-a Jan.2005mark

目次へ 次号へ 前号へ