ローマ字は一表記にして成らず

ローマ字入力しておられる方にお伺いします。あなたは「じょうちょ(情緒)」と書きたい時どう入力していますか?

私は JOUCHO と入力しています。あなたはどうです? JYOUTYO ですか?

ローマ字の表記方法にもいろいろあるらしいのですが、ヘボン式と訓令式が代表でしょう。私の入力方法は概ねヘボン式です。もっとも「し」と「ち」だけは、操作するキーの数を減らすために SHI/CHI ではなく SI/TI と入力しています。

文字は単なる記号なので、こう書いてこう読むとしっかり決めてしまいさえすればそれで良いのです。だからヘボン式と訓令式のどちらが優れているなどという議論をするつもりもありません。ただ、どうも私には訓令式は馴染めないのです。ヘボン式のほうがしっくり来るのです。

それはヘボン式のほうが英語表記に近いからかなあ、と思います。英語とローマ字が違っていると、なんか英語用とローマ字用の2つの視覚というか識別能力が必要となるみたいで、私自身こんがらがってしまうのです。

「情緒」の例で言えば、J のあとに Y が続くのはかなり気持ち悪いです。英語では考えにくい組合せの綴りだからです。

そして、TYO という綴りを見るとどう読むのかちょっと考えてしまいます(まず思い浮かぶのは羽田空港の略称ですよね)。蝶々は TYOUTYO(U) ですか? うー、気持ち悪い。それって、テョウテョ(ウ)じゃないですか?

それを考えると、パソコンで DI と打つと「ぢ」と表記されてしまうのも気持ち悪いです。現代の日本語では「ぢ」より「ディ」のほうがきっと使用率が高いはずです。DI と打てば「でぃ」と出るように変えてほしいですね。そのほうが音に忠実というか、つまり英語に近いので(私にとっては)理解しやすいのです。

私は Microsoft 以外の IME(昔は FEP と言った)のことはよく知らないのですが、MS-IME では「でぃ」は DHI と打ちます。ふむ、苦心惨憺の感がありますね。「でゅ」は DHU となるのですが、これは「でぃ」→ DHI と論理的整合性が取れているようで、でも完璧ではありません。

同様に「てぃ」は THI、「てゅ」は THU です。じゃあ、「とぅ」は? 正解は TWU。これはなんとなく英語の two の綴りに近いから理解しやすい。同様に「どぅ」は DWU。これはストレートには連想できません。

促音の「っ」や拗音の「ゃ、ゅ、ょ」、あるいは上で出てきた「ぃ、ぅ」などの小さい字の打ち方には共通した別の方法があって、それぞれの文字の前に X または L を打ちます。

私はもっぱら L を使ってます。それは X は左手の下段、L は右手の中段なので、L のほうが操作が楽だからです。

何故 L なのか? その説明として「 L は Little の L 」と言ってた人がいました。なるほど、こういう説明は理屈っぽい私には嬉しい気がします。

ただ、この機能のおかげで時々迷惑することもあります。元々英語だった単語を入力する時、ついつい元の綴りを連想して、例えば「クール」だったら KUーLU (または CUーLU )と打ってしまって「くーぅ」になってしまうのです。L にこの機能を与えたがために英語と遠くなってしまいました。うーん、残念!

促音を打つ時は促音の直後の子音を重ねます。つまり「ラッパ」なら RAPPA と。私がこれ以外に採用してほしいなあと思うのは、例えば「キャッチ」なら KYATTI や KYACCHI だけでなく、KYATCHI でも出るようにすること。これだと英語に近くなりますから。

あと、設定によって可能なのがマ行の前の撥音を M でも良いようにする(もちろん私はそういう設定にしています)。つまり「かんぱい(乾杯)」なら KAMPAI でも良いのです。

わざわざ書かなくても皆ご存知なことをだらだら書いてしまいました。

ところでヘボン式の「ヘボン」を英語で書くと Hepburn だって知ってました? そうオードリー・ヘップバーンやキャサリン・ヘップバーンという女優の名前でおなじみですね(なんとそのキャサリンのご先祖様がヘボン式を考案したらしい)。

Hepburn をヘップバーンと書くのはなんか訓令式の裏返しのように思えます。ヘボンと書くのはいかにもヘボン式と同じ発想であるような気がします。

私の場合、ローマ字表記は英語表記に近ければ近いほどしっくり来ます。それは単に私がアメリカかぶれだからかもしれません。 ただ、現象的には英語に馴染めば馴染むほどヘボン式が身についてくるような気もします。

もちろん、どちらを選ぶかはあなたの自由です。
指遣いの楽なほう、キーの操作数の少ないほう、頭で覚えやすいほうなどいろいろな判断基準があるでしょう。

私自身の感じ方は別として、多様な選択肢があることについては、私は大賛成です。

Copyright©yama-a Feb.2005mark

目次へ 次号へ 前号へ