洒落たグループ名

スポーツのチーム名であれ音楽のバンド名であれ、私の若い頃にはグループの名前は「英語の名詞の複数形」と相場が決まってました。最近、その手のグループ名が減ってきています。

少年時代、私たちの草野球チームの名前は、ブラック・ベアーズとかホワイト・スネークスとか、そんな名前でした。それは、日本のプロ野球チームが全部そういう名前をつけていたからです。

小学生たちが集まってチーム名を考える時、英語なんか全然分かってないくせに、「最後にSがついてないとあかんのやで」などと語っていた記憶があります。

当時の疑問は「何故カープにはスもズもつかないのか?」ということと、「何故ジャイアンツはスやズではなくてツで終わっているのか?」ということでした(これらの点は中学英語で複数形を習った時点で解消しました)。

スポーツの世界でこの原則が大きく壊れたのは、まずJリーグ発足の時でしょう。まずもって、サッカーの盛んなヨーロッパの国に倣って英語以外のチーム名をつけるところが少なくなかったということがあります。でも、それだけではありません。

名古屋グランパスエイトなんて、鯱(シャチ)の英訳であるグランパスは良いとして、エイトって何だ? サッカーは11人でやるものなのに…。と思っていたら、「八」は末広がりで縁起が良いからエイトなんですって? そんなのアリかよ、って感じでした。

そうかと思うと、オリックス球団は発足の際にブルーウェーブという単数形の名前を採用しました。これは「波がばらばらでは具合が悪い。チームがひとつになるために単数形にした」のだそうで、これもそんなんアリ?って感じでした。

サッカーに戻れば、コンサドーレ札幌のコンサドーレは「道産子」を逆から読んで最後にレを足したものとか。これホントですか?

ことほどさように「グループの名前=英語の名詞の複数形」という原則は崩れつつあります。

音楽の世界でもそうです。昔のグループ名は英米でも日本でもほとんどが英語の名詞の複数形でした。もちろん、例外を挙げ始めると、The Who [註1]とか Creedence Clearwater Revival とか Grand Funk Railroad とか、一杯あるにはあったんですがそれも1970年前後からで、50年代や60年代前半に活躍していたグループはほとんど名詞の複数形でした。

それが少しずつ崩れてきて、私が一番驚いたのは Frankie Goes To Hollywood でした。1983年に Relax をヒットさせたグループですね。遂に文章がグループの名前になる時代が来たのかと感嘆した記憶があります。日本でも後に Dreams Come True というグループが登場しました[註2]。

その後こういった傾向はどんどん進んで、今や全米ヒットチャートを眺めていても、どっちが曲名でどっちが演者名なのかよく判らなくなってきました。

日本でも同じです。まあ、日本の場合には元々英語の名前をつけるのを嫌って「五つの赤い風船」とか「六文銭」とかいうケースも(特にフォーク系に)多かったし、「フォージョーハーフ」(=四畳半)とか「ザ・リガニーズ」(=ザリガニ)などと、英語風の名前で実は日本語という遊び感覚でつけたグループ名もありました。この伝統は今も引き継がれています。

ここ最近の特徴は、「ハナレグミ」とか「スネオヘアー」とか、名前を見ても一人なのかグループなのか判らないケースが多い[註3]ということです。

さて、ここ10年くらいで私が一番感心したグループ名は CHEMISTRY です。「ケミストリーって化学でしょ? なんで感心するの?」と思われるかもしれませんが、chemistry には(小さな辞書には載っていませんが)「相性」という意味があるのです。

「どうもあいつとはしっくり行かない」みたいなことを The chemistry isn't good between us などと言ったりします。

英英辞書を引くと mutual attraction or sympathy とあります。2人のグループ名としてはなかなか良いではないですか?

2人がこのことを知ってグループ名をつけたのかどうかは知りません。ただ、何かのインタビューで「2人が化学反応を起こして」みたいなコメントをしていたので、当らずといえども遠からずでしょう。

どうせ英語の名詞の複数形を避けるのであれば、このくらい洒落た名前をつけてほしいものです。



[追記]

ところで、グループ名を語る上で忘れてはいけないバンドを忘れておりました。
それは Mr. Children。

Children が複数形なので多分英語としては正しくない( Mr. は Messrs. でなければならない)のでしょうが、秀逸な名前だと思います。

一人前の男性に対する敬称である Mr. と子供の複数形である children を合体して、言わば形容矛盾の組合せを作り上げているのですが、これが「大人になりきっていない(なりつつある)子供たち」とも「少年の心を持ち続けている男たち」とも読み取れます。

考えれば考えるほど深いネーミングで、繰り返して書きますが、秀逸だと思います。

Copyright©yama-a Feb.2005mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ