夙川に冠を正す

知り合いに箕田さんという人がおりまして、彼女は自分の苗字の字を人に教えるときに大変苦労するそうです。

以前関西に住んでいたときには「箕面の箕です」と言えばほぼ大丈夫、北摂の人だったらまず間違いなくOKだったそうです。ちなみに箕面(みのお)は大阪市の北に位置する市の名前であり、箕面の滝で有名な観光地でもあります。

仮に相手が和歌山の人だったら、多分「箕島高校の箕です」と言えば無事に伝わるでしょう。

近所に同じ字を使った有名な地名があったり、同じ苗字の有名人でもいれば伝え方は簡単なのですが、いずれもない場合に苦労するのは無理もありません。「箕」というのはもともとは農具の名前なのだそうですが、いまどきそんなものを知っている人はかなり少数派でしょう。

私にも似たような経験があります。

以前住んでいたマンションは兵庫県を流れる夙川(しゅくがわ)の傍にあり、マンションの名前にも夙川という文字が入っていました。

夙川河畔には数多くの桜が植わっており花見の名所として有名ですので、阪神間の人ならまず読めない人はいません。たとえ書けなくても、どの辺りの川かは解っているし同名の駅もあるので地図か何かで調べればすぐに判ります。

ところが、近畿圏以外の人に、例えば電話でこの字を説明しようとすると大変なんです。私はいつも以下のように言ってました。

あのー、「風」っていう字、あるじゃないですか?
その「風」の外側の部分、「風囲い」ですか、それとも「風構え」でしたっけ?
解ります?
その風の外側を書きましてですね、その内側にですね、「列」っていう字ありますよね。
1列2列の「列」。
その「列」の左半分を書いてください。
それで「しゅく」と読みます。

大変なんですよ。最初は「その内側に『一』書いて『タ』」って言ってたんですけど。それだと「一」と「タ」が離れたままなので、上のように変えました。

「夙」という字は、多分夙川を知らない人は見たこともない字だから、説明のしようがないんですね。もちろん訓読みから攻めるという方法はあります。しかし、「夙」の訓読みは「つと」って、果たして知ってました?

「夙(つと)に」という形で使います。「夙に有名である」と言えば「早くから有名になっていた(=昔から有名である)」という意味で、つまり「夙」という字は「はやい」という意味なんです。

余談ですが、夙川は流れが速いことからその名がついた──のではないかと勝手に思っていたのですが、西宮市の広報誌によると、元々は別の字だったのが書き換えられたとか。道理であんまり流れは速くないと思いました。

で、話は戻りますが、上記のような私の丁寧な説明が功を奏して、私宛ての郵便物にはいろいろな「夙川」が登場しました。

  1. 風川(かぜかわ)
  2. 凧川(たこがわ)
  3. 凪川(なぎがわ)
  4. 凩川(こがらしがわ)
  5. 宿川(ふむ、これは、しゅくがわ)

1〜4)は許せます。だって途中まで合ってるもん。
5)書いてきた奴、あのなあ、お前ちっとは真面目に人の話を聞けよ!

ところで、上で書いた「風」の外側の部首の正式名称知ってます? そう、私は「風囲い」か「風構え」だと思っていたのですが、実はこれらは間違い。

調べてみるといくつか言い方があるようですが、多分一番由緒ある言い方は「きにょう」。「にょう」は恐らく「しんにょう」や「えんにょう」と同じ「にょう」。「き」は「几」の音読み(「机」と同じ音です)。

でも、マイクロソフトのIME辞書では「かぜかんむり」となってます。これ、ちょっと変ですよね。 冠って頭に被るものでしょう?

確かに草かんむりも、雨かんむりも、ウかんむりも、ワかんむりも漢字の上の部分にちょこんと載ってます。ところがどうです、この風かんむり、足まで届いてるどころか地面に裾引きずってるじゃないですか!?

なんちゅう長い冠や? 冠じゃなくてベールじゃないの?(それでも長さが足らん)

Copyright©yama-a Mar.2005mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ