裏の見方・考え方

「裏日本」て差別用語ですか? 最近聞かなくなったのできっとそうなのでしょう。北陸や山陰在住の人たちがきっと異を唱えたんでしょう。それで使われなくなったんでしょう。でも、私にはそういう感覚って、今ひとつ解らないんですよ。

世の中全ての事象において、「表」が「正」で「裏」が「邪」なのでしょうか? 「表」が「優」で「裏」が「劣」なのでしょうか?

例えば、10円玉の表には裏より何か優れた面があるのでしょうか? はがきの裏は表より何か後ろめたい思いのするものなのでしょうか?

はがきの表は宛名を書くところです。裏は通信文を書くところです。そこには役割分担こそあれ、優劣や正邪はありません。

そりゃあ、「裏」が悪い意味で使われるケースもあります。「裏口入学」とか「裏金」なんて、その典型でしょう。あと「裏ビデオ」か(今なら「裏DVD」か。でも、このケースでの「裏」には「本物」感が漂ってるでしょう?)

主従という関係で捉えれば、確かに表が主で裏が従でしょう。でも、「裏」が必ずしも悪くない意味で使われるケースもあるんじゃないでしょうか?

「裏側」と言えば「表からは見えない真実」なんて意味合いのこともあります。これカッコいいじゃないっすか。裏日本の人たちはどうしてそういう売り出し方をしようと思わなかったのでしょう? 例えば観光誘致なら、「裏日本──表からは見えない本物の日本を見てみませんか?」なんてね。

裏と表というのは文字通り表裏一体なのであって、どちらかの面を任意に「表」と決めると反対側が自動的に「裏」になります。

あまり私の推測で論を進めるのは良くないかもしれませんが、多分北陸や山陰の人たちは「なんで俺たちが表でなくて裏なんだ!?」という不満を持っていらっしゃるのではないかと思います。

ま、そりゃ仕方ないでしょう。人や物の出入りの多い太平洋側が「表」になっちゃったんだから。でも、いつまでもそういうネーミングにこだわってないで、「裏には裏の素晴らしさがある」と打って出れば良いのに、と私は思うのです。

こういう理屈って、私が北陸や山陰と全く関係がないから脳天気に言えるのであって、日本海側の人たちからすれば許せないのかもしれません。でも、それだけではないようにも思います。私は元来「表」よりも「裏」のほうがカッコいいと思ってますから。そういう発想の転換というか開き直りというか、そういうのも却々悪くないですよ。

ところで「山陰」で差別用語ですか? 「陰」という字も「裏」と同じようなもんだと思うのですが…。

ものは考え様、言葉は使い様です。人のこだわりが使えない言葉を増やしてしまうのはつまらないなあと思うのです。

Copyright©yama-a Mar.2005mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ