日タイ?

読者の方からメールを頂きました。

ところで私、仕事の都合で現在タイ(Thailand)へ来ております。ことばが通じないのでやむなく辞書を買ったのですが、その辞書には「日タイ」とあります。会社でタイ語の通訳の方がそれを見て「どうして『和タイ』ではないのですか?」と聞かれました。
「日」と「和」の使い分けがあるのでしょうか?

なるほど、「日タイ」か「和タイ」か、ねえ…。えーっと、関西弁で「わたし」が訛ると「わたい」になります──なんて、こんな冗談しか書けないということは手も足も出ないということ。

ふーむ。はっきり言って私の知識の限界を超えています。私には全く答える資格も能力もありません。

とは言え、私のHPをよく読んで下さっている方で、しかもよくメールを下さる方なので徒や疎かにするわけには行きません。精一杯頑張ってお答えすると、こういうことではないでしょうか?

そういう習慣です。

──って、にべもない答えですが、でも、実際それ以外に答えはないのではないでしょうか? ただ、それでハイ、サヨウナラと言うのもあまりに気が引けたので、本屋に辞書を見に行って来ました。

たるほど確かに、和英、和仏、和独、和伊、和西(あるいはそれらの逆、つまり英和など)とたくさんの辞書が並んでました。

不思議ですね。日英同盟とか日仏会館とか、普段は「日」を使うのに辞書になると急に「和」になります。

「日」は「日本」、「和」は「やまと(=大和)」と、ともに日本のことです。ただ、言葉という観点で考えると、「日本語」は外来語も含めて日本で日本人が使っている言葉ですが、「やまと言葉」は「漢語」に対する「原日本語」です。

「漢和辞典」は漢字をやまと言葉で説明するものなので、「漢日辞典」と言い換えるわけには行きません(漢字は既に日本語の大きな部分ですから。言葉として成立するとすれば「中日辞典」でしょう)。

私の単なる想像ですが、そもそも「○和辞典」というのは「漢和辞典」から派生した言葉ではないでしょうか(これはなかなか説得力のある仮説でしょ)?

ところで、「和英・和仏・和独」などと「日タイ」が異なるのは、「英・仏・独」がいずれも国名の略であるのに対して、「タイ」はフルネームです(英語では -land がつきますが日本語ではつきません)。そういう場合は「和」ではなく「日」を使うのではないかという仮説も成り立ちます。

確かに、他の辞書をつぶさに見ると、「日本語ヘブライ語辞典」「日本語デンマーク語辞典」などと書いてあります。「日タイ」も本来「日本語タイ語辞典」であるべきものが、「タイ」がまるで略したみたいに短いので、それにつられて「日本」が「日」に略されてしまったのではないでしょうか?

──なんて、もっともらしいことを書いていますが、実はその隣には「葡日辞典」と「羅日辞典」がありました。「葡」はポルトガルの、「羅」はラテンの略なのに何故「和」ではなく「日」なのか全然説明がつきません。まあ、もっとも「羅和辞典」だと何の本だかさっぱり判りませんよね。

結局、「和英・和仏・和独」(あるいはそれらの逆)などは言葉としてこなれているということなんでしょうね。

漢字文化圏の一員である中・朝・韓は別として、無理やり漢字をあてがった例で一目で国の略称と認識できるのは、英・米・独・仏・伊・蘭・露・豪くらいのものでしょう。「西」がスペイン、「加」がカナダ、「印」がインドというあたりが境界線かな?

「白」がベルギー、「希」がギリシャ、「葡」がポルトガル、「墺」がオーストリア、「洪」がハンガリー、「伯」がブラジル、「墨」がメキシコ、「比」がフィリピン、「越」がベトナムあたりになってくると、最初から国名であると判っていない限りまず直感的には浮かんでこないでしょう。

直感的に浮かんでこない場合は「日」と組み合わせるんでしょうか?──なんて、いい加減なことばかり書いていたら専門家の方に怒られそうなのでこの辺りでやめておきます。

結局答えになりませんでした。こんなに行数を費やして日タイ全体何を書いて来たのでしょう?


[おまけ]

上記文中で「中日辞典」と書きました。

中国語から日本語への辞典はやはり中日辞典でないとおかしいですよね。「中和辞典」だと化学書かと思われそうだし…。

日本語をオランダ語に変換する辞書は「和蘭辞典」ではなく「日蘭辞書」でないとちょっとまずい気がします。何故ならオランダを漢字で書くと「和蘭」になってしまうから。実際はどういう表記になっているのでしょう?

最後に関西人にありがちな勘違いをひとつ。

新聞の見出しに「米朝会談」という文字を見つけると、ついつい落語家で人間国宝の桂米朝師匠のトーク番組かと思ってしまいます。

Copyright©yama-a Apr.2005

目次へ 次号へ 前号へ