時間の問題? 人の問題?

ああ、ついこの間まで間違いだったのになあ。何の不思議もない表現になってしまうのは、もう時間の問題。いや、もう既にそうなってるか──という表現を3つ。

「○名様」

これ、以前このコーナーでも取り上げましたが、今となっては読み返してもほとんど説得力がありません。

私の勤める放送局にひとりだけ言葉にとても厳格なプロデューサーがいて、番組の収録の際、出演者が「○名様にプレゼント」云々と言うたびに収録を止めて、「○人の方にプレゼント」と言い直させてましたが、今ではそのPもすっかり匙を投げてしまって看過するようになりました。

もう立派な表現としてそろそろ独り立ちですかね。でも、「昔はそうは言わなかったらしい」と覚えていてくれれば嬉しいですね(それくらいしか言いようがありません)。

「瞳を閉じる」

荒井由実の『瞳を閉じて』がはやった頃(1974〜75年)、誰だったかがラジオで「瞳は閉じられない」と指摘したのを憶えています。

それっきり忘れていたのですが、昨年(2004年)平井堅の『瞳をとじて』がはやったので思い出し、またそのことが気になってきました。

調べてみるとこの2曲だけではありません。タイトルにこそなっていなくても、ヒット曲の歌詞の中には「瞳を閉じる」という表現がかなり頻繁に登場しています。

ここまで読んで首を傾げておられる方もあるでしょう──何で瞳は閉じられないのだ?と。

何故なら瞳は目の一部分であり、目の中味だからです。瞳=瞳孔です。あるいは、瞳=黒目です。

目を閉じることも瞼(まぶた)を閉じることもできますが、瞳を閉じることはできないのです(猫じゃないんですから。いや、猫だって自分の意思で瞳孔を開閉しているわけではありません)。
それは、弁当箱を閉じることも弁当箱の蓋(ふた)を閉じることもできますが、中に入っているごはんを閉じることはできないのと同じです。

閉じたり開いたり、閉めたり開けたりできるのは目そのものか、目の部品のうち蓋の役割を果たしている瞼(「目蓋」とも書く)だけなんです。それが証拠に「瞳を開ける」という表現は聞いたことがありません。「瞳を開く」という表現も同様(瞳孔が開ききっているのは死人です)。

歌詞の場合は字数を揃えることが必要になってきます。きっと「目を閉じる」や「目を瞑る」では字数が合わなかったのでしょう。では何故「瞼を閉じる」にしなかったのか?──それは判りません。ただ、「瞳を閉じる」という詞を書いた人は、それが誤った表現であるなどとは毛頭思ってなかったのでしょう。

それで、この表現をいろんな歌の中で繰り返し聞いてきた皆さんも、きっと誤った表現だなんて思ってないのでしょう。そして、多分国語辞典を編纂したりしている偉い学者の先生もそのうちに誤った表現だとは考えなくなるのでしょう。

言葉ってそういうもんです。私が言いたいのは言葉ってそういうもんだということであって、哀しいとか何とかではありません。

「他人事」

先日TVのワイドショーに「識者」の立場でゲスト出演していた評論家が「たにんごと」と言っていたので大いに驚きました。とうとうここまで来たかって感じです。

でも、これは仕方がないですよね。確かに「他人事」を「たにんごと」と重箱読みされるのは気持ち悪いのですが、いずれにしても「他人」を「ひと」と読ませるのは当て読みですから。だからと言って「ひとごと」を「人事」と書いてしまうと誰だって「じんじ」と読むでしょう。困った単語です。

「ひと」には大きく分けて2つの意味があります。

1つはホモ・サピエンス。つまり生物学的分類の1つとしてのヒト。

もう1つは社会における人間一般です。この一般を語るときには自分を含む場合と含まない場合があります。含まない場合の「ひと」を「他人」と書いて「ひと」と読ませているのです。

「人の振り見て我が振り直せ」なんていう場合の「人」がそれで、そういう場合は「他人」と書いても良いのです。そして、読む日本語としては「人」と書いてあるより「他人」と書いてあるほうが視覚的に意味を把握しやすいはずです。

ただし、この「人」にもいろいろあって「人が親切で言ってやってるのに」なんて言うときの「人」は人間一般ではなくて、自分を含むとか含まないとかいうことでもなくて、他ならぬ自分のことです。

人というのはなかなか解りにくいものであります。
言葉というのもなかなか解りにくいものであります。

Copyright©yama-a Apr.2005

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ