文語使いの文語知らず

私自身は自分のサイトをことさら実用的なものにしたいという気はないのですが、実用性を求めて読んでくださる方も少なくないようなので、たまには実用的な文章も書こうかと思います。従って今回の文章にはオチはありません。

私たちは現代に生きる日本人なので、普段喋ったり何かちょっと書いたりするときには口語を使っています。ところが、私たちの喋り言葉/書き言葉の中には実際結構文語的表現が生き残っています。

皆が使っているので知らず知らずのうちに自分も使っているケースもありますし、文語的な表現のほうがカッコ良いとか説得力があるとか思って意識して使う場合もあります。

例えば、「何を隠そう」なんかがそうです。これ、反語ですね(反語については別の機会に詳しく書こうと思います)。学校で習った現代語訳風に書けば「何を隠すだろう? いや、何も隠さない」となります。

「何も隠す必要がないならウダウダ言ってないで早く喋れよ」と言われれば正にその通りなのですが、このフレーズを挟むことによってちょっと勿体ぶった感じが加味されます。このニュアンスは他の口語で代替できないのでこの表現が生き残っているのではないでしょうか。

他にも口語に混じって重宝されている文語的表現は少なくないのですが、残念ながらいくつかの文語表現がゴッチャになっていることがあります。

例えば「いやがおうでも盛り上がる」なんて表現。これは明らかに誤用ですね。それを言うなら「いやが上にも盛り上がる」です。

「いやがおう」は漢字で書けば「否が応」で、英語にすれば「No が Yes」です。だから「否が応でも」は「No が Yes」でも、逆にすると「Yes が No でも」、再度別の日本語に変換すると「是が非でも」=「何がなんでも」です。用例としては「否が応でも一緒に連れて行く」。

似た表現には「否でも応でも」や「否も応もなく」、「否応なしに」などがあり、いずれも「無理やり」という意味です。

それに対して「いやが上」の「いや」は漢字で書くと「弥」です。「弥」は「弥栄」の「弥」です。「弥栄」って知ってます? 「いやさか」と読みます。「ますます栄えること」の意味で「弥栄を祈る」などと使います。つまり「弥」は「ますます」という意味なのです。

で、「弥が上」となると「ますます」よりもさらに上ということなので、要するにかなりの強調語です。だから「弥が上にも」という表現は「超」とか「バリバリ」と似たようなものです(ただし時系列的な比較のニュアンスが加わっています)。

同じような誤用に「押しも押されぬ」があります。「押しも押されぬ看板女優」などと使われているのを見たり聞いたりしますが、これは「押しも押されもせぬ看板女優」が正解です。「文句のつけようのない」みたいな意味です。

これは「押しも押されもせぬ」と「押すに押されぬ」がゴッチャになったものでしょうか。後者の表現は「引くに引かれぬ」とか「越すに越されぬ」とかいう形で随所に見えます。しかし、「押しも押されぬ」となってしまうとまるで前半は能動態、後半は受動態みたいに見えてしまってなんともアンバランスです。

やはり「押しも押されもせぬ」が均整の取れた表現と言えるでしょう。

また、「押しも押されもせぬ」に「押しも押されもしない」という現代語形は(今のところ)存在しないようです。「にも拘らず」に「にも拘わりませず」という丁寧形が成立しない(厳密に言えば間違いとされている)ように、これで1つの連語なのであって変形不能なのです。

以上2つの間違いはTVやラジオの放送の中でもよくやってしまいます。タレントさんが言うのは仕方ないとして、アナウンサーが間違うことさえあります。局ではそのたびに注意を喚起しているのですが、残念ながら何度も繰り返されています。

それから、使い方は間違っていないけど漢字がデタラメというケースもあって、最近よく目にして驚くのは「止む終えない」や「止む負えない」、ひどい場合には「やもうえない」なんてのもあります。

いちいち書くのもバカらしい気もしますが、正しくは「止むを得ない」です。そもそも切れ目が違ってるんです。
で、「得ない」= can't ですから、「止むを得ない」= can't stop、つまり「他に手段がない、仕方がない」となるわけです。

現代における「文語」とは決して「改まった文章を書くときに用いる表現」ではなく、単に昔の表現を借りてきたものに過ぎないので、本来の語の成り立ちや意味が解らなくなるのも無理はありません。

しかし、さすがに「止む終えない」なんて表現に出くわすと、なんだかガックリしてしまいます。 いやはや全く、です。

ちなみにあくまで「いやはや」ですから。「いやさか」とはゴッチャにしないで下さいね。
「論語読みの論語知らず」という言葉がありますが、「文語使いの文語知らず」にならないようにしたいものです。

Copyright©yama-a May.2005

目次へ 次号へ 前号へ