言語感覚

今日は業界用語から書き起こします。

我々はフジテレビの月曜夜9時のドラマを「月9」と略します。私はこれをゲックと読みます。他にも同じ読み方をする人は多いです。しかし、中にはこれをゲツクと読む人もいて、必ずしも圧倒的な少数派ではないのです。

ゲツクはおかしいでしょ、気持ち悪いでしょ。

雑感はザッカン、月給はゲッキュウ、鬱屈はウックツ、鉄拳はテッケン、発行はハッコウであって、ザツカン・ゲツキュウ・ウツクツ・テツケン・ハツコウとは読まないでしょ?

ツの後にカ行が続く場合は原則として促音(ッ)になるのです(ちなみにガ行が続く場合はそのままです)。

私は今あくまで理詰めでゲックの妥当性を主張しましたが、実際に文字を読むときにいちいちこんなことを考える人はいないでしょう。しかし、いちいち考えなくても上に挙げたような実例が身にしみているから自然とゲックと読んでしまってゲツクとは読まない──それが「言語感覚」というものなのです。

「月9」をゲツクと読んでしまう人は、その言語感覚がどこか壊れてしまっている人とは言えないでしょうか?

前にも書いたことですが、「茶髪」をチャパツと読むことに対しても私は違和感を覚えます。白髪はハクハツで金髪はキンパツです。金髪がキンパツになるのはハツの前が撥音(ン)だからです。茶髪はその例外事項に該当しないのであくまでチャハツのはずです。

ただ、毛染めの普及で白髪が減り(茶髪が増え)、従って普段の会話で白髪(シラガではなくハクハツ)という単語の使用頻度が低くなってしまった(「金髪」のほうがまだよく耳にする)ために、「金髪=キンパツ」→「茶髪=チャパツ」という照合がここでは行われている訳で、そういう意味では旧来の言語感覚が失われた代わりに新しい言語感覚が成り立っていると言えないこともありません。

昔からの言語感覚に代わって新しい言語感覚が成立するのは別に悪いことでもおかしなことでもありません。気持ち悪いのは従来の言語感覚が壊れて、それに代わるものが何もない状態なのです。

ゲツクはまさにそういう状態ではないでしょうか? 私はゲツクという読み方を非常に気持ち悪いと思うし、なんだか不気味な気もします。それは言語感覚の喪失であり、そこには無秩序の他に何もありません。

我々の業界団体に「社団法人電波産業界」というのがあります。放送事業者、電気通信事業者や無線機器等の製造業者など数多くの会社が参加しており、英語では Association of Radio Industries and Businesses と表記して ARIB と略します。

これをアライブと読む人がいるのです。いや、アライブというのが標準の読み方になっているのです。

私はこれにも馴染めません。私にはエイリブとしか読めません。アライブなら語末に E が必要でしょう。それが英語の言語感覚だと思います。

「日本人なんだから英語の言語感覚なんか必要ない」とおっしゃる方もいるでしょう。確かにそうです。ならばアリブじゃないでしょうか? それが日本人の(つまりローマ字読みの)言語感覚です。

エイリブかアリブなら言語感覚として理解できます。でもアライブはやはり言語感覚の欠如を示す読み方ではないかと思うのです。

言語感覚の変化と言語感覚の喪失は違うと思うのです。

私が気になるのはあくまで喪失のほうです。言葉が変化するのは必定ですが、変化した言葉に新しい感覚がついて行かず喪失したままというのはなんだか居心地が悪い気がします。

これがそうだ、という明確な説明にはなっていないかもしれません。でも、それが言語感覚というものではないでしょうか。

Copyright©yama-a May.2005mark

[link このテーマの続編を読む]

目次へindex 次号へnext 前号へprevious