アクロニム(後編)

前々回 BBC と NBC の例で説明しましたが、読む人の職業や所属団体によって瞬間的にこれらが何のアクロニムだと思うかは様々でしょう。

同じく前々回 PK の例を挙げましたが、旅行会社の人ならペナルティ・キックよりもプリンセス・カイウラニ(ハワイのホテル名)のほうを先に思い出すかもしれません。

我々がよく使うアクロニムに OA というのがありまして、一般的には Office Automation なのでしょうが、放送業界ではオンエアと読んで「放送」と同じ意味・用法で使います。「来月オンエアする」とか「次のオンエアで」とか。

ただし、本来の英語では on the air という副詞句であって、我々は the を取ってしまってあらゆる品詞に転用するという非常に日本人らしい粗雑な使い方をしています(と私は学校で教わったのですが、最近の辞書には on air も載っているので驚きました)。

業界用語で言えば、前述の局名や団体名のアクロニムには他の分野のアクロニムと同じものがたくさんあります。

例えば RCC。これは一般的には債権の回収や企業再建をしている「整理回収機構」(The Resolution and Collection Corporation)ですが、我々の場合「中国放送」です。TBC はCMでおなじみの「東京ビューティセンター」ですが、「東北放送」の略称でもあります。

ATP と言えば一般的には生物の授業で習った「アデノシン三燐酸」を思い出します。ATP が ADP とエネルギーに分解されるってやつですね。ところが、我々が思い出すのは「全国テレビ製作者連盟」(Association of All Japan TV Program Production Companies)です。

皆さんの周りにもそういうのいっぱいあるでしょう?

ちょっと考えただけでこんなにあります。皆さんの業界用語や業界団体の略称などを加えるともっと増えるでしょう。

よくこれで会話が通じるもんだと思いませんか? ──全て文脈で理解してるんですねえ。

略語を追いかけて逆に文脈の重要性を思い知らされた気がします。省略が進めば進むほど文脈を読み取る力を培っておかなければいけないというのが今回の教訓です。

Copyright©yama-a Jul.2005

目次へindex 次号へnext 前号へprevious