愛(なんてタイトル、ちょっと小っ恥ずかしいのですが)

小さい頃から百科事典を読むのが好きな子供でした。適当にページを開いて、その中から興味の持てそうな部分を拾い読みしたものです。

ある時あるTVドラマの中で「百科事典で一番最初に載っている項目が『愛』だ」という台詞に出会いました。本当かな?と思って引いてみたら、我が家にあった全10巻くらいの百科事典では果たして「愛」が最初の項目でした(冊数の多い大百科事典になるとそうではないようですが)。

今でもちゃんと暗記しています。それはこういう文章で始まっていました──「愛とは、ある人にとって価値ありとされた対象によって彼が惹きつけられる時に起こる精神的過程を言う」

私が本当に愛を知ったのは、最初に百科事典で「愛」を調べたのより随分後だったと思うのですが、ともかく初めて恋らしい恋をして愛らしい愛を知ったときに、「ああ、なるほど。今、自分は価値ありとされた対象によって惹きつけられているんだな」という実感がありました。

私の読んだ百科事典には続きがありました。さすがに正確な文言までは憶えていないのですが、次のような趣旨でした──「ある人にとって価値ありとされると言うのは非常に主観的なもので、決して客観的な評価や理性的な判断に基づくものである必要はない。そして、愛はその過程の中で自分をより高い人間へと成長させる」云々。

これは正に私の恋愛感の中心理念となりました。

私は「何故その人に惹かれるのか」ということを考えるより前に、人を愛することによって自分を高めよう、自分を高めることがなければそれを愛とは呼べない」と思うようになりました。

その結果どんなことになったか?──私の恋愛は非常に息苦しいものになりました。私は「相手の女性の期待に応えられないのは自分の愛が未熟だからだ」と思い込むストイックな少年になりました。それは自分自身をがんじがらめに縛りつけているのだとは全く気づかずに。私の恋愛は大変窮屈で苦悶に満ちたものになりました。

長じて30歳近くになったころから、私の感じ方に変化が訪れました。愛って本当にそんな苦しいものなんだろうか?

そしてある日、私はある女性と一緒にいると、自分がとてもリラックスしており楽であることに気づきました。楽に生きるという快感を初めて知ったのでした。これは私にとってコロンブスの卵でした。

ひょっとしたら一緒にいて楽だということが一番大切なのではないか?という実感を覚えました。
一緒にいて楽だということは無理をしなくて良いということ、飾らなくても良いということ、ありのままの自分を受け入れて評価してくれる相手がいるということ──それってとっても素敵なことではないかと思うようになりました。

そして、それは裏返せば、ありのままの相手を受け入れ評価している自分がいるということでもありました。

かくして私の愛は変わりました。昔の生真面目な少年からすれば背徳とも呼ぶべき転向を経て、私は愛の呪縛から解き放たれました。あるいは、新しい愛の形を手に入れました。

ポルトガルの宣教師たちが日本にキリスト教を持ち込むまで、日本語には「愛」という言葉は定着していなかったと聞きます。彼らが持ち込んだのは言うまでもなく神の愛ですが、この概念は日本語にはなかったのだそうです。

「恋」はありました。「恋う(こう)」という動詞はありました。「恋」はその連用形「恋い(こい)」が名詞に転じたものです。「恋しい」という形容詞もあったようです。

一方、もちろん「愛」という漢字はありました。ですが、「愛」という漢字の代表的な使い方は「愛し(かなし)」あるいは「愛づ(めづ)」(現代語では「愛でる(めでる)」)でした。「愛し」は「かわいい」「心惹かれる」、「愛づ」は「かわいがる」「ほめる」という意味です。"love"とはかなり色合いが違います。

ポルトガル語で何と言うのかは知りませんが、英語で言うなら love という単語を日本語にどう訳すかは大変悩ましい問題であったようです。

黎明期の日本語版聖書では love を「お大切」と訳したのだという話を読んだことがあります(出典を示せれば良いのですが何せうろ覚えなもので書けません。内容も微妙に違っているかもしれませんのでこの部分からの2重引用はご遠慮ください)。

「love=大切」ってとっても素敵な響きがあります。

ありのままの私を受け入れて評価してくれる人──その人は私にとってとても大切な存在です。上の話を読んで、私の愛はこれで良かったんだという思いを強くしました。

いや、もちろん愛の形は人それぞれでしょう。でも、私の場合そういう確信を持てたことで初めて幸せな結婚ができたのではないかと思っています。

それはある意味では愛ではなく価値観の転換をもたらしてくれました。

「ある人にとって価値ありとされた」という最初の文言の意味を掴むまでに随分長い時を過ごしてしまったような気はしますが。

Copyright©yama-a Jul.2005

目次へ 次号へ 前号へ