窓の名前を考える

今度は Windows Vista なのだそうです。

我々の目に触れた最初の Microsoft Windows の名前は Windows 3.1 でした。これは"Windows"の後ろにバージョン番号をくっつけただけのもので、当時はOSだけでなく Word や Excel のようなアプリケーションもこの命名方式を採ってました。

後述するように、これはこれで便利な点もあったのですが、自分が今使っているバージョンが何番であったかがすぐに判らなくなるという欠点がありました。

それで次のバージョン名から Windows 95、Windows 98 と年号をくっつけるようになりました。こうしておくと「今のPCを買ったのが XX 年だから」「XX 年に一度アップグレードしてるから」と考えれば自分の使っているOSのバージョンを思い出すことができるって寸法です。

同じ数字であっても、3.1 などという開発者にしか意味のない数字から使用者にも意味のある数字に置き換えたことで憶えやすくなったのです。
Microsoft はこれを機会にアプリケーションにもこの年号方式を取り入れました。

ところが、人間の記憶なんていい加減なもので、これも版を重ねるうちにだんだん判らなくなって来るものです。「えーっと、何回アップグレードしたっけなあ?」とか、「95 と 2000 の間は 97 だっけ 98 だっけ?」とか…。
そして、それ以外にも問題がもうひとつありました。

バージョン番号をそのまま使っていた時は、「大きなバージョンアップの時は番号の1の位が増え、小さな変更の時は小数点第1位が、もっと些細な手直しなら小数点第2位以下が増える」という原則で運用していました。あくまで開発者側の事情ではありますが、これはこれで、2つ並べると「どちらが新しいのか、大きく進化したのかどうか」が一目瞭然で、アップグレードする必要の有無を判断する上では非常に便利なものでした。

ところが、年号方式にした場合はこの差をどう表せば良いのでしょうか?

Windows 98 のあと実際にそういう事態に直面した Microsoft は後継のOSに Windows 98 SE という名前を与えました。SE は Second Edition の略です。つまり、これは Windows 99 と名づけるほどのものではなかったんですね。

で、次のバージョンから随分とっちらかってきて Windows ME と Windos 2000 が登場しました。

2000 は(サーバ用の) Windows NT 系です。とは言ってもこの頃から個人用とサーバ用の差異が小さくなってきて、おまけに ME がなんだか面妖な仕様だったということもあって、個人で 2000 を使う人も少なくなかったように記憶しています(このページで取り上げているOSのうち、私は ME だけは使ったことがありません)。

ME は Millenium Edition の略でした。ミレニアムなんて言うくらいなら普通に 2000 とすれば良いようなものの、その名前は NT 系のOSに使ってしまっていたため使えなかったんです。苦肉の策という印象があります。

そして、その次が Windows XP。ネットワーク社会が確立して、ここに至ってサーバ用/個人用の2つが統合されました(その代わり Home Edition と Professional の区別ができました)。

XP というのは、実は雰囲気でつけただけの名前だったと私は思っているのですが、expert の意とか experience の略とか、後付けの説明がいくつかありました。

意味のなかった数字がせっかく意味のある年号に置き換えられたのに、再び意味のない(意味をこじつけた)記号に逆戻りしたような気がします。

ところで、この XP ですが、セキュリティ・ホールをはじめとしていろいろと不具合があったためサービス・パックという形で2度も修正を加える必要が出てきました。それで Windows XP にはそもそも2つの edition がある上に、ただの XP, XP SP1, XP SP2 という3つのバージョンが混在することになって、PCに弱い人にはまたぞろ解りにくい形になってしまいました。

で、今度は Windows Vista なのだそうです。開発者の間ではずっと Longhorn という愛称(コード名)で呼ばれてきたバージョンです。

Longhorn というのは開発者しか知らない名前ではなく、ちょっとPCに詳しい人なら皆知ってました。私自身も「Longhorn が出て、動作が安定して来るまではPCの買い替えは控える」と宣言してます。そして、今使ってるPCも「Whistler が出て、動作が安定して来たら買おう」と決めていたものでした。

Whistler というのは Windows XP の開発期間中のコード名でした。そして、Windows ME, 2000, 98, 95 のコード名はそれぞれ Millenium, Cairo, Memphis, Chicago でした。モバイル用の Windows CE は Pegasus と呼ばれてました。開発者は代々そういう愛称をつけていたのです。

なぜならば(仮の名前だから何でも良さそうなものですが、どうせなら)意味のない数字や記号よりも意味のある単語のほうが圧倒的に憶えやすいし親近感も湧くからです(というのが私独自の推論です。一般的には「情報の流出を防ぐため」などと言われていますが、何故コード名にしておくと情報が流出しないのか、あるいは商品名が事前に漏れて何がまずいのかよく解りません)。

いずれにしても、前回は意味のある Whistler が、正式名称をつける際に意味のない記号 XP になってしまったのに対し、今回は意味のある名称がつきました。Vista になって初めて Microsoft も使用者が馴染みやすい名称をつけてくれたとは言えないでしょうか?

ただ、そういう命名をすると、今度は歴史を振り返る時にどの順番だったのかが判りにくくなるのは確かなんですが…。

にもかかわらずこういう名前をつけたということは、とかく評判の悪い Microsoft も少しはユーザ志向に変わってきた証拠──などと私は密かに歓迎しているのですが、これは過大評価なのでしょうか?

記号というのは味気なくて憶えにくいものであり、どうせなら意味のある単語の名前のほうがPCに対する愛情も湧くと思うのですが…。

Copyright©yama-a Aug.2005

目次へ 次号へ 前号へ