花のお江戸の方向感覚

関西と違って関東の人は北とか南とかを意識せずに生活してるって言います。

ま、仕方ないですね、関西では大阪でも神戸でも京都でも奈良でも、市街地の中心部分は碁盤目状に道路が走っていて、道路は正確に東西南北を向いていて、従って家やビルも東西南北を向いています。

神戸なんかでは「海側」「山側」なんて言い方もあって、海側が南、山側が北です。そういう地形的な解りやすさも働いています。

また、京都で道に迷ったら立ち小便をせよ、という冗談があります。小便が流れて行くほうが西。何故なら東には東山があるから、って(もちろん嘘ですよ)。

それに比べて東京では、広い関東平野を道路は放射線状と同心円状に走っています。正確に東西南北を向いている道路なんてありません。道路を走っていても、西に向かってると思っていても次第に南に傾いてきて、気がついたら東に向かってたなんてことはざらにあります。

私のような大阪出身で東京に住んでいる者は銀座4丁目の交差点であろうと新宿駅東口であろうと、大体どっちの方角が北か東か判っていますが、東京出身の方は全く判っていないと言います。

でも、東京であろうと大阪であろうと太陽は東から昇って西に沈むし、北向きの部屋は日当たりが悪い訳で、関東の人であろうともある程度方向感覚はあるのです。だからこそ新宿駅には西口と東口と南口がある訳です。そして当然のことながら駅の西側が西口で東側が東口で南側が南口です。

東銀座は銀座の東側だし、北千住は千住の北にあります。

当たり前だと思うでしょ? ところが、時々おかしな事例にぶつかるのです。

一番解らないのが京急の北品川駅。地図で確かめてみてください。北品川駅のほぼ真北に品川駅があります。なんじゃ、そりゃ? 京急に品川駅がないなら、つまり、JRと京急が別々に駅名をつけたなら解りますよ。しかし、京急の終点が品川なんです。北品川の次の駅が品川駅なんです。北品川の北の駅が品川なんです。

変じゃないですか? 何考えて駅名つけたんでしょ?

時々痛い目に遭うのです。東京に転勤して間もない頃、外苑前で宴会があって、終わって解散になったとき私は外苑西通りをぷらぷらと北上して千駄ヶ谷の駅に出ることにしました。

多分こっちで合っているはずだと思いながら暗い夜道をとぼとぼ歩いていると辿り着いたのが「東京体育館北」という名前の交差点。ここに至って私の頭は完璧に混乱してしまいました。

だって、千駄ヶ谷駅の真南にあるのが東京体育館じゃないですか。それが、南のほうから歩いてきたのに東京体育館の前を通り過ぎることもなく東京体育館の北側に出てしまったのです。どうなっているのでしょう?

しかも、東京体育館の北側には中央線の線路があるはずなのにありません。

私は大いに焦ってしまって、結局あらぬ方に歩き出してしまい、千駄ヶ谷の駅まで随分遠回りしてしまいました。

家に帰ってから調べてみたら、「東京体育館北」という交差点はなんと東京体育館の南東の角にあるじゃないですか!

東京の皆さん、東西南北が判っていなくても構いません。ただ、ウソの名前をつけるのだけはやめてください。関西人だってたくさん住んでる訳ですから。

ウソの名前で平気なのは方向感覚の問題ではなく、言語感覚の問題ではないでしょうか?


[追記]

そう言えばこないだ会社でこんなことを言っている人がいました。

「東西線って、俺ずっと南北に走っているもんやと思てた」

この人、東京での生活がかなり長くなってますが、(言葉を聞けば判るように)元々は関西の人です。

ほな、ナニか? 東西線が南北なら南北線は東西に走ってんのか? あんた、それで平気なん?
やはりそれが東京の言語感覚というものなのでしょうか?

Copyright©yama-a Aug.2005

目次へ 次号へ 前号へ