そして言葉も

移ろいやすいものの例えとして「女心と秋の空」という表現があります。

ここまで読んで「えっ、違うだろうが」と思われた方がいらっしゃるでしょう。そう、この表現は本来は「男心と秋の空」だったんだそうです。

私自身はずっと「女心と」と憶えていたので、もう随分前になりますが「男心と」だと聞いて驚いたクチです。

うーむ、確かに「浮気」という単語から連想するのは男性のほうですが、でも、気紛れ女に右往左往させられた経験を持つ御仁もいらっしゃるのでは?
さて、皆さんはどっちの表現のほうがしっくり来ますか?

「男であれ女であれ、要するに人の心は移ろいやすいものよ」なんて斜に構えた総括の仕方もアリですし、「女の心が移ろうのは結婚するまでの間のこと。男の心が移ろうのは結婚した後のこと」なんてワケ知り顔の分類もできるかもしれません。

ま、それは良いとして、では何故「男心」が「女心」に変わってきたのでしょう?──それは端的に言えば時代が変わったからでしょうね。

男性中心の時代が女性自立の時代に、男性が優位に立っている社会から女性が力を増してきた時代に、世の中がそういう風に変わるうちに、いつしか(制御できないものの例えとしての)「男心」が「女心」に変貌したのでしょう。

そういうことに思いを馳せると、言葉って面白いなあって思いませんか?

ほかにも似たような例があるんです。

「有言実行」──この言葉に違和感を覚えますか、覚えませんか?

これも元々は「不言実行」だったのです。

口では多くを語らなくてもやるべきことはきっちりやる、そういう態度を賛美した表現が「不言実行」でした。言うならば高倉健さんのイメージ。大昔のCMの「男は黙ってサッポロビール」の感じ。

それがカッコ良かったんですよ、昔は。

だいたい大言壮語する奴にろくな奴はいない。孔子も言ってます、「巧言令色鮮なし仁(こうげん・れいしょく、すくなし、じん)」と。聞こえの良いことを愛想振りまいてペラペラくっちゃべってる奴ぁ信用できねえ!って感じ。

ところがカッコ良いというイメージが変わってきました──自ら宣言してそれを成し遂げるのが現代の男の美学なんだ、と。「金メダルを狙う」と公言してホントに獲ってしまうのが(そして「チョー気持ちいい!」などと叫ぶのが)今様のヒーローなんです。

誰かが「不言実行」をもじって「有言実行」と言い換えたのがいつのまにか定着してしまいました。これも世相の反映なんですね。

結局一番移ろいやすいのは女心でも男心でもなく、個人の総和としての世相なのではないでしょうか? そして、しばし遅れて言葉も移ろって行きます。

Copyright©yama-a Sep.2005

目次へ 次号へ 前号へ