メール作法あれこれ

以前にブログのほうでトラバとコメントの作法については書きました(その1その2)が、メールの作法もまだまだしっかりと定まっていない気がします。雑誌のアンケート結果などを見ると、考え方はかなり分裂しています。

例えば、凡そ1MB 以上のファイルをメールに添付するかどうか?──私は原則としてしません。圧縮して送るか、メール以外の方法での受け渡しを考えます。

これはハードディスクやCPUや、あるいはネット回線の容量が小さかった時代にメールを始めた旧いユーザにありがちな態度で、「今の時代、1MB くらいでそんな心配することないですよ」と言われればそれまでなのですが、ともかく負荷を小さくしようという心掛けが身に染みついてしまっているのです。

次に、メールに返信する時に相手のメールの全文引用を添えるかどうか?──これも私はやりません。
「相手のメールを切るのは失礼だ」と本気で考えている人がいるのには驚いた(驚きすぎて返す言葉がない)のですが、「相手のメールを全文引用しておいたほうが何の件だか判りやすいから」というのにも賛成しかねます。

全文引用するのを避けようとするのは、これも同じく少しでも負荷を軽くしようという心掛けなのですが(従って時代遅れの杞憂かもしれませんが)、もし何の件か判るようにするためなら必要な部分だけ引用すれば良いのです。

「引用メール」って言うんですか? 私はよくこんな風に返信します。

> 来週にでも一度お会いしたいのですが、いつがいいですか?

水曜か木曜ならいつでもOKです。何時にするか決めてください。

> その時こちらで用意しておくものが何かありますか?

いや、全部こっちで用意しますので大丈夫です。

ところが、ある日のこと、私のHPにメールをくれた方がいて、私が上のような形の返事を出したら、「ことばを大切にして、ことばのウェブを運営しておられる方がそんなメールは書かないほうが良いですよ」という一文を含んだ返信が届きました。私は大いに驚きました。私と彼女はその後、この件を巡って何通かのメールのやり取りをしました。

私はこの書き方のどこが悪いのかさっぱり解りませんでした。

来週にお会いしたいとのことですが、こちらは水曜か木曜ならいつでもOKです。何時にするか決めてください。それから何か用意しておく必要があるかとのことですが、こっちで用意しますので大丈夫です。

などと書くより(読む側にとっては)冗漫でないし(書く側にとっても)省力化されているし、これはPCがもたらしたコピー&ペースト文化、コピー&ペースト時代にふさわしい表現方法だと思っていたので失礼だなんて考えたこともありませんでした。

よくよく訊いてみると、彼女もごく親しい人に対してはたまにこんな書き方もするそうです。ただ、初めてメールをやり取りする相手に対しては避けるべき表現だと言うのです。

メールは何往復かしましたが、結局これは私と彼女の感じ方の違いとしか言いようのないもので、両者が納得する結論は出ませんでした。

ただ、私としては自分とは考え方の違う人とコミュニケーションを持ったことが、世の中にはそんな感じ方をする人がいるんだと知ったことがとても新鮮で有意義に思えました。そして、なによりも彼女が、感情を抑えて丁寧にそして真摯に応じてくれたことがとても嬉しかったので、「僕ももう少し考えてみます」とした上でお互いにもう1通ずつお礼のメールを出してやり取りを終えました。

結局、それ以降私は初対面の人にはあまり引用ばかりにならないように気をつけるようになりました。

さて、最後にもう一例。

宛名のところに「様」などの敬称が入っていないと許さない!という人もいます。
メール本文の文頭ではないですよ。「TO:」のところですよ。

この感覚も私にはさっぱり理解できません。私は相手がどんなに偉い人であっても「TO:」欄に敬称はつけません。何故ならここは自分のアドレス帳から自動的に書き写されたものだからです。これもコピペ文化の恩賜です。

手書きのアドレス帳を思い出してみてください。自分のアドレス帳に敬称書いている奴はいないでしょう?

そもそも「TO:」欄はあまり見る必要のあるところではありません。自分宛のメールだから届いたに決まっているからです。もし見る必要があるとすれば、転送などの処理によって自分の複数のアドレス宛のメールを1つのメーラで読んでいる時にどのアドレス宛に来たものか確かめるため、くらいのもんです。

私は「TO:」欄はハガキや手紙の宛名書きに相当するものとは思っていません。それはアドレス帳から事務的・自動的に転記されるもので、差出人が心を込めて書くものではありません。そこに敬称がついていなくても、コピペ文化の時代には許されて然るべきものだと思っています。

もちろん転記されると承知しているのだから、アドレス帳に登録する時に相手が嫌がるような渾名を書いたりはしないという気遣いはします。でも、それで充分でしょう。そこに一人一人敬称をつけろと言うのは求め過ぎだし、これまた少しずつではあっても負荷を増やすものであって好ましくないと思っています。

いろいろ書きましたが、皆さんはどう感じられますか?

作法はみんなで作り上げて行くものです。メールはまだ始まってたかだか10年強。確乎とした作法が固まるまでにはまだ20年や30年はかかるでしょう。

それが固まるまでに心掛けるべきことは、意外にも上に書いたように「感情を抑えて丁寧にそして真摯に」書くということではないでしょうか?

Copyright©yama-a Sep.2005mark

[ このテーマの続編を読む]

[ 前半部分に関する直接の続編はここにあります]

目次へ 次号へ 前号へ