部分と全体、否定と肯定

もうかれこれ20年以上も前の話。

会社に入って間もない頃、新入社員研修の講師としてテレビ編成部の副部長が現れて開口一番こう言いました。

「視聴率とは何か…」

彼はそこでたっぷりポーズを置いてからこう続けました。

「視聴率とは…、全てであります」

んなアホな! そんなこと言ってるから世間から視聴率偏重編成と叩かれるんだし、そういう態度がひいてはNTVの視聴率買収事件みたいなことに繋がるんじゃないですか、と今なら即座に反論できるのですが、さすがに会社に入ったばかりの身でそこまで思い至りませんでした。

ただ、なんかとても大きくて固い違和感を感じたことをよく憶えています。

商業放送である限りどうであるとか、いや、本来マスメディアはどうあるべきかだとか言う前に、根本的なものの考え方に誤りがあるんです──そもそも1つのものが「全て」であるはずがないのです。

我々はついつい全体を1つの部分や要素に帰結させてしまいます。何故ならそのほうが楽だから。

「全ては神の思し召しです」、「結局は金だ」、「要するに相手のことを好きかどうかでしょ」、「やる気があれば何でもできる」、「愛が全てです」…。

事実はそれほど単純ではないのです。

我々は全体像を見なければなりません。ただ全体というものは何であれとても複雑なので、とりあえずそれを要素に分解してそれぞれの特徴や機能を見極めようとします。それが分析です。

例を挙げれば、かつて東洋医学に対する西洋医学がそうでした。

動物や人間(死体)を解剖して、これが心臓、あれが大腸、これはこんな働きをして、あれはこういう機能を担っている…。ところがこれに終始してしまったためにそれぞれの連関がなおざりにされて副作用が出てしまいました。頭痛薬を飲んで胃が荒れるくらいのことなら良かったのですが、致命的な事態を呼び起こすこともありました。

それに対して東洋医学は部分に特化しません。身体全体を治療して行きます。では、東洋医学のほうが優れているかと言えば、その代わり薬に即効性がありません。だいいちあくまで経験則に基づいたもので科学的な裏づけに欠けます。

私が言いたいのは東洋医学的手法に戻れということではなく、西洋医学的手法をもっと進めろみたいなことです。
もちろん切り分けた要素の中には自ずから軽重があるでしょう。それは考慮しなければなりません。ただ、最も重いものを以て全体を代表させてはいけないのです。

要素に切り分けて分析したら、今度はそれを元に戻して全体を再構築するのです。もちろんそのままの形で元に戻すとやっぱり複雑で訳の分からない「全体」になってしまいます。だから、部分のエッセンスで全体を再構成するのです。つまり、全体の骨組みを再構築するのです。

それが「全体像」というものではないでしょうか?
そうすることによって初めて互いに絡み合った全体を少しシンプルにして俯瞰的に見渡すことができるはずです。

もちろん細部を見るときには各部のエッセンスだけではどうしようもありません。でも、一旦はそういう形で全体を見渡してみる必要があるのです。

「お前は○○のことだけ考えていれば良いんだ」──そう言ってもらえれば心はとても楽になります。でも、実際人生はそんなたやすいものではありません。

「要は金だ」みたいな考え方は「要は心臓が動いていれば良いんだろ?」という考え方と同じです。1つのものが全てであるはずがないのです。

新入社員研修時代のエピソードをもうひとつ。

今度は制作1部のプロデューサが来て、いきなり言いました。

「この中で年間100冊以上本を読む人、手を挙げて」

そんな奴いるのかいな?と思っていたら、横に座っていた同期の女性がスッと挙手しました。ひとりだけでした。

彼はそれを見て、こう続けました。

「僕は1年で本を100冊読まない人は軽蔑するなあ」

僕はすごいなあと思いました。100冊読むという同期の女性のことも、100冊読まないというだけで他人を軽蔑してしまうというプロデューサ氏のことも(こっちは逆の意味ですけど…)。

これも全てを1つに帰結させる危険な考え方です。おまけに「…でなければダメ」という否定を前提にした思想です。

モノにおいては一部分がダメなら全体がダメというケースもなくはないでしょう。でも、そうでないケースも多いはずです。ましてや対象がヒトであるなら、1つのことで全人格的な否定に及ぶというのは暴力であり愚行でしかありません。

これも楽だからです。一目で人を判断することができます。一目で人を斬り捨てることができます。でも、実際には人間はもっと複雑で味のある存在なんです。

せめて「…でなければダメ」ではなく「…であればそれで良い」という肯定的な考えをしてもらえないでしょうか? これまた安易過ぎて怪我する恐れは多分にありますが、「…でなければダメ」よりかは遥かに安全な思想です。

私が言いたいのは、「…が全てだ」とか「…でなければダメ」という言い方をする奴はダメだ、ということではありません。ただ、あまりそういう言い方はしないほうが良い。レトリックとして使うのは構わないけれど、あくまでレトリックに過ぎないということを忘れてはいけないということなのです。

私が言いたいのは、もしも「…が全てだ」とあなたを説き伏せようとする奴がいても「本当かな?」と疑ってみる余裕を持ってほしい。全体をもう一度見渡す観察力と分析力、そして再構成する力を培ってほしい。もしも「…でなければダメ」とあなたを斬り捨てようとする奴がいても真に受けて落ち込むことはない、ということなんです。

私が書いていることは単純なことです。でも、それを読んでいるあなたは単純ではないはずです。

Copyright©yama-a Oct.2005mark

目次へ 次号へ 前号へ