「ぽい」の本意、その用法の変異

最近「っぽい」という表現をよく耳にします。いや、「っぽい」という表現は昔からあったのですが、使い方が広がってきたと言うか、悪く言えば使い方が野放図になってきています。

若い人たちがのべつ幕なしに使う「とか」や「ほう」や「てゆーか」や「やばい」などと同様に、逆の見方をすれば用法が拡大して自由になって来ているとも言えます。

本来の、従来の「っぽい」の用法は、まず名詞につけます。

上の用法を見ると名詞だったら何にでもつけられそうな気がしますが、これが微妙にそうも行かないみたいです。例えば「緑っぽい」というのはあんまり聞きませんし、「肉っぽい」というのは聞いたことがありません(他にも自分でいろいろ考えてみてください)。

「○○っぽい」の意味合いは、上の諸例から類推するに「○○本来の特徴を備えている」という感じでしょうか?

もう少し解りやすく言うと「いかにも○○らしい」という場合もあれば「まるで○○みたいだ」という場合もあります。そう、例えば「女っぽい」は男性をも女性をも形容できるのです。「男のくせにまるで女みたいな奴」であったり「いかにも女らしいひと」であったり。

「春っぽい」などの例は「いかにも○○にふさわしい」という感じ。服飾関係の修飾語になることも多いですね。

「○○の要素が目立つ」という場合もあります。「白っぽい」と言う場合、ベースの色は白でなくても構いません。白っぽい青=青なんだけどやや白味がかった色。赤っぽい茶色=茶色なんだけどやや赤味がかった色。等々。

「水っぽい」「埃っぽい」も基本的には同様なのでしょうが、水や埃は具体的な物質なので「要素が目立つ」と言うより、「含有量が高い」「構成比が大きい」という意味になって、例えば「水っぽい」は「(水に溶けている物質の)濃度が低い」と同じ意味で使われることもあります。

それに比べて「色っぽい」となると、今度は「色」という真に抽象的なものについているので説明が難しくなります。ここで言う「色」は赤や黄のことではありません。古語の「色」はとても意味の広い言葉です。これを解説するのも面倒なので、味も素っ気もなく結論だけ書けば「色事・情事」のことです。

「色っぽい人」とは色事・情事を連想させる人、てな感じで良いですかね?(微妙な色合いを全てネグった説明になってますけど…)。

最後の「愚痴っぽい」は「愚痴が多い」。「男っぽい」などと同じく人を形容する時に使うものです。「骨っぽい」の「骨」は比喩的に使われています。もっともそのものズバリ痩せていて骨ばった人にも使いますが…。

以上が名詞につく場合。で、それ以外に動詞にもつけられるんです。例えば、

飽きっぽい、怒りっぽい、惚れっぽい、僻みっぽい

見て解るように「○○しやすい」「すぐに○○する」という意味で、全て連用形についています。

ところが、最近では終止形につくんです。例えば「怒ってるっぽい」とか「使いやすいっぽい」など。そして意味は「○○しやすい」ではなくて「○○みたいだ」「○○のようだ」「○○らしい」等々。

つまり、用法としては動詞に対する接続方法の変更であり、意味上はむしろ名詞に接続した時のものを援用しているのです。すごい造語方法だとは思いませんか?

いつも書いていることですが、若者言葉はすぐに「日本語の乱れ」として槍玉に挙げられます。しかし、この「っぽい」なんか、こうやって分析してみると、実に見事に使いやすい日本語を構築しているとは思いませんか?

「っぽい」はいずれは如何なる単語にもつけられる接尾語になるでしょう。そのうち日本語の活用は終止形だけになってしまうかもしれませんけどね。まあ、日本語を学習する外国人は喜んでくれるでしょう。

若者っぽい言葉が年寄っぽい言葉より新鮮なのは当たり前として、それは実はより使いやすい表現であることも少なくないのです──このこと、分かってました? 分かってなかったっぽいでしょ?

Copyright©yama-a Oct.2005mark

目次へ 次号へ 前号へ