青年実業家に騙されるな

子供の頃、芸能界で多用される言葉でよく解らないものが2つありました。

1つは「青年実業家」。当時、女性芸能人が芸能界以外の人と結婚すると相手は決まって「青年実業家」でした。この青年実業家という人たちがどんな人たちなのか、子供だった私にはさっぱり解りませんでした。

大人になった今じっくり検討してみると、まず前半の「青年」に意味がありません。

青年というのは実に広い範囲の年齢をカバーする単語で、下は10代後半から、上は下手すると40代まで含めているケースがあります。とすれば、結婚する男性の大部分はこの範囲に含まれるわけで、わざわざ「青年」とつける意味がありません。

いや、結婚と結びつけて考えるから「青年」に意味がないのであって、「青年にして既に実業家である」と考えれば何となく「すごいな」という気もしないではありません。

それではその「実業家」のほうですが、実際に何をしている人なのかと言うと、これがまたさっぱり解りません。使われている漢字からすれば如何にも内実を伴った生業(なりわい)のように見えながら、その響きはなんともインチキ臭く実体がなさそうな気がします。

要は「経営者/社長」ということなんでしょう。雇われ人じゃないよという意味なんでしょう。

ならば「運送会社社長」とか「レストラン経営」などと具体的に言えば良さそうなものですが、何かにつけ今より職業に対する差別意識が強かった時代なので、あまり明示したくない場合もあったのかもしれません。十把ひとからげに「青年実業家」と言っておけばそれで済むのであれば、こんな便利な言葉はないでしょう。

もうひとつ不思議だったのは、芸能人の離婚記者会見で離婚の理由として判で押したように繰り返し使われた「性格の不一致」という表現。

多分最初に誰かが使って、それに続く離婚芸能人カップルが真似したのだと思います。そしてその後一般人にまで広がったのでしょう。

子供であったとはいえ、私にとってこれほど理解に苦しむ表現はありませんでした。

性格の不一致で離婚するということは、性格が一致していたなら離婚しなかったということですが、まずもって性格が一致するなんてことがあるでしょうか?

ABO式血液型みたいに4つしかないのであればそりゃ一致もするでしょうが、性格というのは遥かに複合的で複雑なものです。2人の性格がどうして一致したりするでしょうか?

しかも、この表現は「夫婦は性格が近いほど良い」という価値観に裏打ちされてます。これも馬鹿げたことです。私はむしろ自分とは違う持ち味の人と組みたいと思います(これは結婚に限ったことではありません)。

もちろん逆に「性格が違えば違うほど夫婦は円満」ということでもなく、似たもの同士で夫婦が円満な場合もあるだろうし、対照的な組合せで巧く行っている場合もあります。要はケース・バイ・ケースです。

確かに「性格的に合わない」ということはあります。双方が、あるいはどちらか一方だけが耐えられない組み合わせもあるでしょう。そして、離婚した芸能人が言いたかったのは多分そういうことなのでしょう。

ならばそれは「性格の不調和」とでも言うべきものです。

離婚の原因として「性格の不一致」という言葉はその後滅多に使われなくなりました。一方「青年実業家」のほうは一時全く使われなくなりながら、最近また時々耳にするようになりました。これは多分ホリエモンや三木谷さんみたいなIT起業家が増えてきた影響ではないかと思います。

昔の「青年実業家」が実際に何をしている人なのかぼかすための表現であったとすれば、近年の「青年実業家」は実際に何をしている人なのか聞いてもどうせ解らないという意識の表れであるような気がします。

いずれにしても、十把ひとからげにして定型句で済ませられるのであれば面倒臭くないし、これほど便利なことはないのですが、聞かされるほうは何だか騙されたような気がしません?

言葉というものは本来ひとつひとつの物事の内容をより正確に表すための道具であってほしいな、と私は思うのであります。

Copyright©yama-a Nov.2005mark

目次へ 次号へ 前号へ