当意即妙の受け答え2

随分前に「当意即妙のことば」というタイトルの一文を物しました。今回はその続編、いや、ちょっと困ったちゃんの受け答えもあるかな?

これは他のところにも書いたことなのですが、結婚間もない頃、子供がいない私は「何故?」と訊かれるのが鬱陶しくていつも「作り方が分からなかったから」といなしてました。自分では随分気に入ってた答えなんですが、しかし、事前にそう答えると決めているのであれば当意即妙とは言えませんね。

では別の例を。

「子供がいない上に酒も飲まないとなると、お金が溜まって仕方がないでしょう?」──こんな嫌味を言う人がいるんですね。私は勿体つけて言ってやりました。

「あのね、家に帰るでしょ。それで玄関のドアを開けた途端にね、お金の腐った臭いがプーンとするんですよ」

真に受けられたり白けたりすると困ったもんですが、実際これでワッと座が沸いたので良かったです。

もうひとつ別の話を書きましょうか。

私が外回りの営業をしてた頃、ある広告代理店を訪ねたのですが先方は不在。ちゃんとアポイントを取っていたのに外出先から戻ってきません。暫く席で待っていたのですが、どうやら忘れてしまったのかいつまで待っても帰ってきません。

こういう時どこの業界でもそうなのかどうか知りませんが、私たちはよく名刺に一筆添えてデスクに残したりします。それで私はふと思いついて「宵待草のやるせなさ」と書き残して去りました。

この思いつき、我ながら非常に気に入りました。独り悦に入ってました。竹久夢二の『宵待草』の一節です。「宵待草のやるせなさ」と書いて、その上の句「待てど暮せど来ぬ人を」を呼び起こさせようというのが私の魂胆でした。

でも、相手が悪かったみたい。その人に竹久夢二というのは所詮無理だったみたい。多分何のことか分からなかったけど、別に気にもしなかったみたい。翌日返ってきた反応は「ごめん、ごめん」だけ。

うーん、自分では当意即妙のつもりだったんですけど…。何事も相手を見極めてからやりましょうね。

では、私の話じゃなくて他の人の話を書きます。

私の友人Aと、彼の取引先の人Bの会話。

A:Bさん結婚されるんですってね。お相手は何なさってる方ですか?
B:あのー、ファッション関係なんですけど。
A:ファッション関係って、具体的に何をする仕事ですか?
B:あのう、なんて言うか、あの、カタカナの職業なんですけど…。
A:えー、もったいぶらないで教えてくださいよ。ひょっとして他人に言えないような仕事ですか? あ、分かった。ファッション関係でカタカナで他人に言えない…。ファッション・マッサージャーでしょ?

当意即妙どころかメチャクチャ気まずい雰囲気になったそうです。当時その名前の職業が勃起、じゃなくて勃興してきた頃だったし。

次、行ってみよう。

知人がアメリカに留学していた時、大変厳格な教師がいたそうです。まずいことにその先生の授業に彼は遅刻してしまいました。大汗をかきながら走って走って教室に駆けつけたのですが、時既に遅し。ドアを開けた途端に先生に睨みつけられ、彼はおずおずと言いました。

I'm very sorry to be late.

先生答えて曰く、

Yes, you should be.

これ、当意即妙などと喜んでる場合じゃなくて、「うわぁ、怒っとるわ」っちゅう感じでかなり怖い。でも非常にアメリカ的で、私は好きです。

最後にかつて私の部下だった女性の話。

昔彼女が住んでいた家の前に大きな公園があって、そこの一角に青いビニールシートを張って生活する方々がおられました。彼女の家の窓からちょうど彼らの「家」がよく見えたのだそうです。

ある日引っ越すことになった彼女が荷物を整理していると、使わなくなった布団が一組出てきました。新居に持って行く気にはなりません。さりとて、くたびれているとは言えまだまだ使える布団です。

彼女は勇気を出して窓から呼びかけました。

「すいませーん。あのー、お布団要りませんか?」

それに答えて、全体に黒光りしたおじさんが言いました。

「えー? 一緒にお姉ちゃんも付いて来るの?」

うーむ、ホームレスのユーモア恐るべし。これから寒くなる季節。きっとこういう冗談を言える人だけが厳しい冬を乗り切って行けるのだと思います。

Copyright©yama-a Nov.2005mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ