単音単語における短母音の長母音化

大阪弁の特徴に「単音で構成された単語における短母音の長母音化」というのがあります。

標準語では「歯」は「ハ」、「目」は「メ」と短い音ですが、これが大阪弁になると「ハァ」「メェ」と長母音(あるいは2重母音)化するのです。

関西出身の方は1音で構成されている単語をアからンまで順番に思い起こしてみてください。

心配しすぎて胃ぃが痛いわ(心配しすぎて胃が痛いよ)
呑んだ魚吐き出さされて、鵜ぅは可哀想や(鵜って可哀想だね)
ぼん、何の絵ぇ描いてんねん?(坊や、何の絵描いてんの?)
あの、ほれ、尾ぉが長い鳥やがな(あの、アレだ、尾っぽの長え鳥だよ)
蚊ぁに噛まれて、かいかい(蚊に刺されて、痒い痒い)
気ぃ悪いやっちゃなあ(ヤなこと言うねえ)
一茶か蕪村にそんな句ぅなかったか?(一茶か蕪村にそんな句なかったっけ?)
塩で揉んだら毛ぇ生えてくるかも(塩で揉んだら髪の毛生えてくるかも)
鯛の子ぉは煮付けたら美味しいでぇ(えっ、鯛の子なんか食べられるの?)
差ぁがありすぎて話んならん(差がありすぎて話になんない)
あんた、詩ぃなんか書くのんかいな(君、詩なんか書くの)
何にでも酢ぅ掛けるんやなぁ(キミ、酢、好きだね)
えらい背ぇ伸びたんちゃうか?(随分背が伸びたんじゃない?)
田ぁも畑も皆売ってもた(田んぼも畑も皆売っちゃった)
あっ、血ぃ出てきた!(なんじゃ、こりゃあ!)by 松田優作
手ぇ出してみ(手、出してみな)
津ぅは三重県やったかいな?(津って三重県だっけ?)
戸ぉ閉めといてや(ドア閉めといてね)
死んでも名ぁ残すっちゅうやっちゃ(死んでも名を残すって奴だね)
わてには荷ぃが勝ちすぎます(僕には荷が重すぎます)
はよ寝ぇ言うてるやろ!(早く寝ろっつってんだろが!)
野ぉも山も花盛りや(野も山も花盛りだよ)
歯ぁに挟まって取れへんがな(歯に挟まって取れねーんだよ)
お日ぃさんがまぶしすぎて…(きょう、ママンが死んだ)by カミュ
すき焼きには麩ぅ入れなあかんがな(ふーん、すき焼きに竹輪麩ねえ…)
誰か屁ぇこいたやろ(ん?なんか臭くない?臭くなくない?)
稲の穂ぉは実れば実るほど…、何やったかな?(実るほど頭を垂れる稲穂かな)
間ぁの悪いこっちゃなあ(タイミング悪っ!)
身ぃひとつで来なはれ(体ひとつでおいでよ)
まあ言うたら、無ぅの境地やな(まあ言うなら無の境地ってとこかな)
目ぇがめえへんようになってきた(視力が落ちてきた)
藻ぉが絡んで泳がれへなんだわ(どこで泳いでんだよっ!)
矢ぁでもテッポでも持ってこんかい!(矢でも鉄砲でも持ってきやがれってんだ!)
湯ぅとちゃうがな、水やがな(湯じゃねえよ、水だよ)
世知辛い世ぉになったもんや(世知辛い世の中になっちまったもんだ)
あいつほんまに蛾ぁみたいなやっちゃ(あいつほんとに蛾みてえな野郎だ)
この味噌汁、具ぅ入ったぁらへんやんか(この味噌汁なんか淋しくない?)
まあ、中の下ぇのクラスやな(ま、中の下クラスだね)
碁ぉより将棋のほうが好っきゃ(碁とか将棋とかダサくない?)
ほれ見てみぃ、座ぁが白けてもたやないか(だからさあ、座が白けちゃったじゃん)
字ぃ汚うて読まれへんやん(きったねー、読めねえじゃん、この字)
図ぅ描いてみたらよう解るで(図解すると明解になるよ)
是ぇが非ぃでもやってもらわにゃいかん(是が非でもやっていただきたい)
あかんねん、俺痔ぃやから、辛いもん(僕、理由があって辛いもの食べられないんだ)
明日は休みやけどあさっては出ぇやねん(明日はオフだけどあさっては出勤)
なんでも度ぉが過ぎたらいかんわ(なんでも度が過ぎるとダメだね)
場ぁの雰囲気をよう掴んでな(場の雰囲気をよく見なきゃ)
有終の美ぃ飾ったろと思て(有終の美を飾ろうって)
ウチの部ぅの奴とちゃうで(ウチの部員じゃないよ)
紗ぁが掛かってはっきり見えん(紗が掛かってはっきり見えない)
ふーん、これが名人の書ぉか(ふーん、これが名人の書か)
茶ぁでもしばけへんか?(お茶しない?)
蛇ぁの道はヘビや(蛇の道はヘビって、当たり前じゃん)
その本の序ぉに書いたあったで(その本の序に書いてあったよ)

なんぼでもあります。と言うより、みんな長母音化してます。
ほんで往々にして格助詞が省略されてます。例えば「血が出てきた」と言わず「血ぃ出てきた」、「屁をこいだ」ではなく「屁ぇこいた」。この省略された助詞のタイミングを埋めるみたいに前の単語が長母音化してるんですね。

アクセントは様々で「胃ぃ」は高い音から下がります。「絵ぇ」は低い音から上がります。「蚊ぁ」は高い音がそのまま維持されます。法則性を見つけようとして一生懸命考えたのですが、完全な法則はないようです。

ともかく、この長母音化が大阪弁がまったり聞こえる原因の1つのようです。

ところで、大阪弁らしい、まったりして下品なジョークをひとつ。

時は1970年代後半。ピンクレディの全盛期。
そのピンクレディのコンサート会場にて、ファンの男性2人の会話。

「おい、今の見たか? ミーのパンツ丸見えやったで」
「ケェもや」

お後がよろしいようで。

Copyright©yama-a Dec.2005mark

目次へ 次号へ 前号へ