飛行機の中で跳ねる

単身赴任になって以来よく飛行機を利用するのですが、飛行機に乗るたびに感じることがあります。
日本人フライト・アテンダントの英語の発音ってどうしてあんなに下手糞なんでしょう?

日本人なんだから少々下手でも仕方がないのですが、途轍もなく下手なのはどうして? それなりに英語の訓練を受けた人たちのはずでしょう?

私は英語がペラペラというわけではないです。ネイティブの発音をちゃんと聞き取れるかと言うと、そうではありません。しかし、そういう人は逆に訛った英語を聞き取るのが得意だったりします。例えばスペイン語訛り──英語的にこなれた音ではないけれど、こなれていない分だけ日本人には聞き取りやすかったりするわけです。

ところが、そんな私が聞き取るのに難儀するのがスッチーの英語なんです。ひと言で形容するならウジャウジャ英語。──教官は一体どんな教え方をしたのでしょう?

例えば、彼女たちの多くは gentlemen をジェンッ・トゥルメンと発音します。聞いている私まで席で跳ね上がってしまいます。

そもそも日本語は子音と母音がセットになって使われるのが原則であり、子音を単独で発音してみろと言われても却々難しいのです。子音が単独で2つ続くと難易度はさらに上がります。そして、子音が3つ(母音を伴わないで)並ぶと至難の業になります。

gentlemen の場合、N・T・Lはいずれも舌が上顎に接する音なので、そんなものが3つも続くと(しかも、その後もMという子音が続くので)確実に発音不能になるのです。それでジェンッ・トゥルメンと、Tの前で一度跳ねないと言えないのです(更に言えば、Tの前で跳ねたためにNが「野放図なN」になってしまっています)。

私ならこう教えます。

どうでしょう? これは英語発音のスピード感を増すための工夫です。
そして、発音が流れてしまわないための指導です。

日本人は1音節(アメリカ人が1回の口の動作で発音する量)を1回で言えなくて「分割払い」になってしまいます。そうするとそれはアメリカ人には2音節に聞こえてしまうので聞き取ってくれないのです。

日本人フライト・アテンダントは10音節くらいで必ず間が空きます。米国の飛行機に乗ると、フライト・アテンダントはひと息でもっと多くの発音をしています(だから日本人には聞き取りにくいのですが、それが英語のスピード感です)。

考えてみれば、我々が日本語を話す時でも、いちいち10音節くらいでポーズを置いたりしないでしょ? 10音ごとに必ず休まないと言えないとすれば、それはとても珍しい日本人です。

英語でも同様なんです。で、同様に発音するためには、子音が一杯詰まったそれぞれの音節の発音を、ある程度きちんと、ある程度曖昧に流し、かつスピード感を持って発音できなければなりません。

どうでしょう、少しは発音のヒントになりましたでしょうか?
ま、残念ながら読者にフライト・アテンダントの方は、きっとおられないでしょうけどね。

Copyright©yama-a Dec.2005mark

目次へ 次号へ 前号へ