守旧派便り

突然ですが、語感に騙されて意味を取り違えたまま覚えていた単語ってありませんか?

最近他人が喋っているのを聞いていて気になったのが「はんなり(と)」です。

関西弁、京都の言葉です。この柔らかな語感を耳にすると、ついつい「たおやかな」「ゆっくりとした」みたいな意味ではないかと思ってしまいます。ちょうど舞妓さんの話し言葉や身のこなしのイメージですね。で、実際にそんな意味で使っている人がいたんです。

ところが本当はそういう意味ではありません。そもそもが方言なので国語辞典には載っていないのでしょうが、語源は「花なり」であると言われています。つまり「華やかだ」、あるいは「派手だ」という意味なんです。

ただし、単に派手なのではなく、上品な派手さ・明るさを形容する単語であるとされています。色彩や気質について使う表現です。一般に派手になればなるほど下品になる危険性が増すのですが、「上品に派手」「優雅に派手」という、「成金」とは対照的な派手さを表す副詞なのです。

ちょっと毛色が違うのですが、よくある誤用の例をもうひとつ挙げると、「すべからく」というのがあります。

これは語感と言うより単に「すべて」と似ているところが原因。実際「すべて」という意味で使っている人が非常に多いみたいですね。「すべて」+「悉(ことごと)く」=「すべからく」とでも思っちゃうのでしょうか?

「すべからく」は漢字で書くと「須(ら)く」。「須」は再読文字です。漢文で習ったでしょ?

「未」なら「いまだ…(せ)ず」、「将」なら「まさに…(せ)んとす」、「猶」なら「なほ…のごとし」と、1つの漢字を1回読んで戻ってきてもう1回読むのが再読文字です。「須」は「すべからく…(す)べし」と読みます。意味は「必ず」です。「必ず…(する)べきである」。

漢語には同じ意味の漢字が2つ繋がったタイプのものが多く、「かならず」という意味の2つの漢字「必」と「須」が合体してできたのが「必須」です。──と、ここまで書けば「須く」が「必ず」の意味だと憶えてもらえると思います。

「すべからく」を使う時は100%「べし」を伴います。だから「すべからく間違っている」などという表現は間違いです。意味の曖昧な表現はすべからく辞書で確かめるべきです、となります。

「必ず…するべきである」も「全部…するべきである」もそんなに大きく意味に違いはないので厄介なのですが、この際正しく憶えて使ってみてください。

私は言葉が変容して行くことに割合寛大な立場を取っているつもりです。ということは、古くからある言葉が使われなくなってしまったり、別の意味になってしまったりすることを別に嘆いたりしないということです。

ただ、この「はんなり(と)」のような、同じ概念を他に表しようのない単語は是非とも生き残ってほしいと思っています。現在はまだ半分方言ですが、いつかは全日本共通語に昇格してほしいと思っているくらい重宝な単語です。

一方、「須く」は次第に使われなくなって行くでしょう。もちろん漢文研究者の間では死に絶えることのない表現ですが、日常会話の中からはほとんど消えてしまっても仕方がないと思います。漢文というものが丸ごと消滅してしまうのでなければ、漢文愛好家の間で生き残ってくれるのならそれで充分だと割り切っています。

ただ、それはあくまで最低限の話。

実際こういう漢文や古文というのは勿体つけて言うときに非常に便利な表現になってきます。憶えておいて決して損はないと思いますよ。

今回はちょっと守旧派の立場で書いてみました。

Copyright©yama-a Jan.2005mark

目次へ 次号へ 前号へ