中食

新語が登場して一時的には頻りに使われるのですが結局定着せずに消えてしまうケースがあります。

近年の例では「中食」。一世を風靡した流行語という訳ではないので、知らない人、憶えていない人もいるでしょう。

改めて解説しますと、これは「ちゅうしょく」ではなく「なかしょく」と読ませます。

一般に食事は家で済ませるか、そうでなければ外食ということになります。ところが2〜3年前だったでしょうか、急に注目され始めたのが、外で買ったものを家に持ち帰って食べるというライフ・スタイルでした。

例えば、ありきたりなところではコンビニ弁当。はたまたパック入りのお惣菜。結構豪華であったり、今までになかったようなメニューをデパートが売り出したりして注目を集めました。あるいは、完成品ではなく家に持ち帰ってから最終工程(中味を混ぜてレンジでチンしたり、お湯で戻したり)を施す半加工品も数多く登場して話題になりました。

何故そういうものに中食という名前をつけたのか定かではないですが、私が想像するに2つの可能性があると思います。

ひとつは家での食事と外食の中間だから中食。しかし、この説では何故「ちゅうしょく」ではなく「なかしょく」という湯桶読みにしたのかが不思議です。「ちゅうしょく」だと「昼食」と混同されるからでしょうか?

もうひとつは、外で買うけれど外食ではなく、家の中で食べるから中食。そう考えると中を「ちゅう」ではなく「なか」と読ませる理由が解ります。

「外」の反対だから「中」というのは、ま、解ります。ただ、「外」の反対は「内」ではないのかという意見もあるでしょう。「内食」では「内職」の語感があるので避けたのでしょうか?

しかし、「外」の反対が「中」であるとしても、逆に「中」という字から何を連想するか?

一般的な感覚からすれば、「中」と対比されるのはむしろ「大」と「小」ではないでしょうか?
そうすると、まるで大食・中食・小食の3種類ありそうな気がしてきます。

それとも「中」を見て「和」と「洋」を思い出す人がいるかもしれません。

あるいは以前書いたように「中」には「当たる」という意味があるので、私なんかは「食に中る」、つまり食あたりみたいに思えて、あまりこの言葉を使いたい気分になれないのです。

そういう風にいろいろ考えると、なんか、すっきりしないでしょ?
この辺の「すっきりしなさ」加減がこの新語の定着を阻んだのではないでしょうか?

中食の習慣は今やすっかり定着したように思いますが、中食という言葉は跡形もなく消えてしまいました。ネーミングの弱さでしょうね。

私なら何と名づけるか?
持ち帰って食べるから「持ち帰り食」でいいんじゃない? え、それじゃあまりにも安易?
じゃあ、縮めて「帰食」。え、気色悪い?
ならば四文字熟語で「外買内食」。ん、インパクトに欠ける?

いずれにしても新語のネーミングにはそれなりのセンスが必要なのだということをしみじみと感じさせてくれた例だと思います。でも「中食」という言葉がそうだったように、一旦定着しちゃうと言葉は要らなくなるんですよね。

そんなこと考えながら、今日の晩ご飯はひとり淋しく中食と行きますか。

Copyright©yama-a Feb.2006mark

目次へ 次号へ 前号へ