よろしくお願いします

かつてこのHPで、周りの若い人が何かと言えば「お疲れさま」と言うので調子が狂ってしまう、というようなことを書いたことがあります。

最近同じような例がもうひとつ気になってきました──それは「よろしくお願いします」です。

メールが来ました。

「○○のファイルをお送りします。よろしくお願いします」

などと書いてあります。

私は一体このファイルをどうすれば良いのでしょうか?

具体的に何かやってほしいことがあるのであれば、例えば「加筆訂正いただければ幸いです」とか「他の皆様にもご連絡ください」などとちゃんと用件を書くべきであるし、単に頼まれたファイルを送ってあげたのであれば「よろしくご査収ください」等、いろいろとやってもらうことがあって相手もそのことが解っているなら「ご手配方よろしくお願いいたします」等、ま、いろいろと書き方があるのです。

要はどういう場合であれ、それにふさわしい日本語が存在するのに、それを全て「よろしくお願いします」で済ませようとするのは何故なのでしょう?

そう言えば、席に座っている私に書類などを届けに来た若い人の半分強は「お疲れ様です」と言い、半分弱は「よろしくお願いします」と言って置いて行きます。

この曖昧さに私はどう対応すれば良いのでしょう?

「おいコラ、ちょっと待て。何をどうよろしくお願いするんだ?」などと詰問するのも無粋ですが、時々本当に何のために渡された書類なのか判らないこともあります(そして調べてみたら単に間違って届けられただけだったということもありました)。

「よろしくお願いします」で業界人がまず思い出すのは新人タレントの挨拶。この場合は何をよろしくと言うわけでもなく、「ま、いろいろとよろしく」っつうことなんで、これはこういう曖昧な言い方のほうが広がりがあって良いでしょう。初対面の自己紹介のときも同じです。

でも、もっと個別具体的に、例えばメールでファイルを送ってきたとか、書類を届けにやってきたとかいう場合に、どうしてそういう意図を限定できない用語を使うのでしょう?

「そんなこと分かるでしょ?」と彼らは反論するのでしょうか? いや、でも、時々実際よく分からんこともあるので、私としては丁寧に説明してほしいのですよ(ま、くどすぎるのも考えものではありますが…)。

こういうオールマイティの表現を好むのは楽だからでしょう。どんな場合でも、あまり考えずに使えて無難です。

私だってオールマイティの表現があることは歓迎します。だって便利ですもん。しかし、もし汎用の言い方1つしか知らないのなら、専用の言い方のバリエーションが身に付いていないなら、それはとても不便なことです。

ことばの使命は話者の思いや意志などをしっかりと伝えることです。広い意味のことば1つでうまく伝わった時はそれでよろしい。そうでない時には、今度はもう少し狭い、つまり意味が明確になることばでフォローする必要があります。

皆が皆オールマイティのことばのニュアンスを嗅ぎ分けてくれれば最高ですが、実際そうは行かないことも少なくないのです。特に相手と深いつきあいがない場合はなおさらです。相手と場合によっては初めから狭い意味のことばでコミュニケーションを図るべきではないでしょうか?

だから若い皆さんには、常にオールマイティの表現に安住することなく、是非ともいろんな表現を憶えて使ってみてほしいのです。

以上、よろしくお願いします(そう、こういう風に結びの言葉に使うのなら良いんだけど、君たち冒頭で使うんだもんなあ)。

Copyright©yama-a Feb.2006mark

目次へ 次号へ 前号へ