アホ言うもんのほうがアホ

A:「お前はアホか!」
B:「アホ言うもんのほうがアホじゃ!」
A:「アホ言うもんのほうがアホ言うもんのほうがアホじゃ!」
B:「アホ言うもんのほうがアホ言うもんのほうがアホ言うもんのほうが…」

小学校の低学年の頃、よく上のような言い合いをしました。今ではもう誰も言ってないのでしょうか? あるいは当時でもそんなこと言っていたのは関西だけ、あるいは私の家の近所だけだったのでしょうか?

関西弁を理解できない読者の方がおられるかもしれませんので、標準語に改めて若干解説しましょう。

AとBの2人の小学生が喋っています。何かをきっかけにAがBを馬鹿にして「お前はバカか!」と罵ります。それに対してBは「(他人に対して)バカなどと言う者のほうがバカである」と返します。

子供ながらに、そして自分で言っておきながら、私にはこの辺の理屈がよく咀嚼できませんでした。「バカと言う者のほうがバカである」根拠は何なのでしょう? この理屈は一体どこから現われたのでしょう? あまりにも唐突で突飛ではないでしょうか? しかし、そのくせ説得力はあるようなないような…。

私は当時、自分の小さな頭でこういう解釈をしました──つまり、「本当に賢い人であれば他人を馬鹿呼ばわりしないはずだ」と。そう読み替えて初めてこの議論は議論らしくなってきます。

ただ、「バカと言う者のほうがバカである」と「賢い人は他人を馬鹿呼ばわりしない」ではやはりニュアンスが違います。

「バカと言う者はバカである」と「バカでなければバカとは言わない」は対偶の関係にあるので一方が真であれば他方もまた真であるはずです。それを考えると論理的には「バカと言う者のほうがバカである」と「賢い人は他人を馬鹿呼ばわりしない」とは等価であるはずなのですが、ここにひとつインチキがあって「のほうが」という表現が滑り込まされているのです。

つまり、単純に「バカと言う者はバカである」と言っているのではなく、(a)「バカと言う者のほうがバカと言われた者よりもバカである」と言っている(知らぬ間に比較級になっているのです)と解釈するか、(b)「バカと言われたほうではなくバカと言ったほうがバカである」と解釈するかのどちらかです。

(a)の場合、もしも比較級が入っていなければ、「俺もバカ、お前もバカ、それで良いじゃないか」と平和裏に収束するところ、「のほうが」を入れてしまったために非常に好戦的な表現になってしまいました。この馬鹿げた言い合いが無限に続いてしまうのはこういうからくりによるものだったのです。

(b)の場合は比較の問題ではなく、そもそもバカと言われたほうはバカではないと否定しているので、やはり「俺もバカ、お前もバカ、それで良いじゃないか」という境地には到達しません。根拠もなく自らの正当性を主張して、一方で相手を愚弄する好戦的な言い方であることに変わりはなく、やっぱりこの水掛け論は無限に続くでしょう。

そして、そんなことを考えていたら、もっとすごいことに電撃的に気づきました。

Aの「お前はバカか」に対してBが「バカと言う者がバカである」と言ってしまったために、Bは自縄自縛の破目に陥ったのです。つまりBがAを馬鹿呼ばわりした途端に、バカと言っているB自身も必然的にバカであるということが帰納的に証明されてしまったのです。

従ってBのその言葉はAに「『バカと言う者のほうがバカだ』と言う者のほうがバカだ」と言わせることになります。

こうなるともう無限のループです。いや下手に「のほうが」を入れてしまったためにバカの程度は言う度に逓増し、単なるループではなく最悪のスパイラルに入ってしまうのです。

小学生の時、言われると悔しくていつまでも上記の言い合いを続けたものですが、その裏にはこんな仕組みがあったのです。これは驚愕の新事実です。

で、そんなことに気づいたからどうなのよ?と言われると、いや、別にどうでもないのですが、なんであれこういう底なし沼みたいなところに足を踏み入れるのは怖いなあとつくづく反省しているところなのです。

ともかく、他人を馬鹿呼ばわりするのはやめましょう。

Copyright©yama-a Mar.2006mark

目次へ 次号へ 前号へ