土壇場の語感(造語のアート3)

以前、私がどうもしっくり行かない表現として、変な反意語の例を挙げました。──「絶好調」の反意語「絶不調」、「盛り上がる」の反意語「盛り下がる」、「早漏」の反意語「遅漏」などなど

最近ちょっと気になっているのが「ドタ参」。

これは「ドタキャン」の反意語として作られたものです。「ドタキャン」と脚韻を踏んで作られたことだけは評価しますが、やっぱりこの表現は変です。

「ドタキャン」は「土壇場でキャンセル」の短縮形で、その反対に「土壇場で参加」だから「ドタ参」としたのでしょうが、既に「土壇場で参加」と言った時点で語感がおかしいのです。そう感じるのは私だけなのでしょうか?

「土壇場」は本来、江戸時代の死刑場、つまり罪人が首を刎ねられる場所のことです。そんな語源の薀蓄知るかっ!と言われそうですが、別に語源を知らなくても良いのです。ただ、語源に付随していたニュアンスはそのまま語感となって引き継がれているはずなのです。

つまり「土壇場」は単に「間際」という意味ではなく、何かしら追い詰められた雰囲気のある言葉なんです。辞書を引いてみても、ちゃんと「切羽詰った場合」とか「進退窮まった場面」などと書いてあります。

「ドタキャン」にはそのニュアンスがあるから許せるのです。

本人は参加するつもりでいたのに何か止むを得ない事情が突然起こってきて、仕方なくギリギリでキャンセルしたのでしょう?

え? オッサン何言うとんねん、あいつはわがままでキャンセルしてきただけじゃ!って? でも、そんなに違和感がない。何故か?
──何となくこの表現が許せるのは、今度はキャンセルされたほうが往々にして窮地に陥るからなんです。

もう予約してあるのに、キャンセル代が発生するのに、代わりの人なんて急に見つからないのに、あいつじゃないと恰好つかないのに、間に立ってくれた人に迷惑かけてしまうのに…、等々。

そういうわけで「土壇場」の使い方が少し変容してきたにも拘らず「ドタキャン」は本来の語感からあまり外れずに使われています。

ところが、「ドタ参」はそうは行きません。

なんでやねん、土壇場で参加されたほうも困るやろ!って?

いや、例えば立食パーティなら困りません。

ま、これは「ドタキャン」でも困りませんが、「ドタキャン」という単語には「本来参加すべきである人が」というニュアンスが加わっているので不特定多数の招待者にはあまりこの表現を用いません。使われるのは例えば乾杯の発声をする予定になっていた人です。そういう人が「ドタキャン」すると周りは右往左往します──つまり、それが「土壇場」に相当します(ちょっとこじつけっぽい?)。

立食パーティの不特定多数の招待者は別に誰が「ドタ参」しても誰も切羽詰ったりはしません。もちろん招待されている人に限られますが、招待されていない人はそもそも参加できないのだから「ドタ参」はあり得ません。

では、元から4人掛けのテーブルに5人詰め込んで予約してたのに、そこに6人目のドタ参──そういう場合どうするか? そういう場合はさすがにどうしようもないからドタ参をお断りするのです。

断られたらそもそも「ドタ参」という行為が成立しなくなります。

あるいは店に頼んで別の席を用意してもらうとか、あるいは店自体を替えてしまうという手もあります。しかし、そういう展開になるということはその「ドタ参」氏が結構歓迎されているということです。「ドタ参」されたほうはちっとも窮地に陥ってなんかいません。まあ少々愚痴を言うくらいのものでしょう。

──即ち、この場合はどこにも「土壇場」が形成されていないのです。

いやいや、いつもながらの理屈っぽい話ですみませんねえ(この理屈っぽさを楽しむのが私のサイトの正しい読み方ではあるんですが…。あ、自分で言っちゃいかんか)。でも、なんで自分が「ドタ参」という言葉に違和感を覚えるのか、それを仔細に分析すると上のようなことに突き当たったのです。

では、「ドタキャン」の反意語は何か?

私なりに考えると(新語ではなく元からある言葉の中から探してみたのですが)、それは「飛び入り」ではないでしょうか? 予定されてなかった人間が急遽参加することを意味する単語です。

これなら「ドタキャンされて大迷惑」と「飛び入りされて大歓迎」という風に、ムード自体も正反対です。そうなってこそ本当の意味での反意語ではないでしょうか?

くどいようですがこの場合も同じで、迷惑されるようならそもそも「飛び入り」はできませんから。もし迷惑な飛び入りがあるとしたら、それは「押しかけ」と呼ぶべきです。ある意味でこれも「ドタキャン」の反意語なのかもしれません。

いずれにしても、反意語って半分だけ反対の言葉をくっつけたものを指すのではなく、全体に意味が反対になるものを言うのではないでしょうか?

どうです? この意見に賛成? それとも反対?
え? 賛成できない?

うむ、まさに日本人の語感は土壇場に来ているようです。

Copyright©yama-a Mar.2006mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ