米を洗わない表現を洗う

時々無洗米を買います。米を研ぐのは別に苦痛ではないのですが、近所のスーパーで僕が買う銘柄は無洗米しか置いていないことがあるからです。

で、気になるのは「無洗米」という呼称です。「無洗米」って字面だけから考えると「洗ってない米」なのか「洗わない米」なのか?

高校時代の漢文の知識を引っ張り出すと「洗わず」(連体形なら「洗わざる」)は「不洗」です。ならば「不洗米」ではないのでしょうか?

「無」と「不」の違いは「…なし」と「…せず」です。「無」は体言(名詞)に付いて「不」は用言(動詞や形容詞、形容動詞など)に付きます。

「洗」は動詞なので、その前に置くべきなのはやはり「不」ではないでしょうか?

しかし、この「不洗」は「誰がいつ」洗わないのでしょう?

米を購入した消費者が米を炊く前に洗わなくて良いのか、米の生産者が販売する前に洗っていないので消費者はやっぱり買ってから洗う必要があるのか?

そう、「不」を使っても時制が抜けているので結局どっちだか解らないのです。

ならば普通の米は「未洗米」、無洗米は「既洗米」とすれば違いがはっきりします。

しかし、無洗米は出荷の前にパートのおばさんが一生懸命研いでくれている訳ではなく、実は機械で米の表面についた糠を取り除いているのです(湿式と乾式があるみたいです)。だから厳密に言うと、この取り除く行為を「洗う」と呼ぶのは無理があるのです。無洗米であっても本当は人間の手が加わっていない「未洗米」であって、言うならば「機洗米」、いや「機既洗米」でしょうか?

さあ、例によって考えれば考えるほどこんがらがって来ました。

我考えすぎる、故に我あり(笑)

実は否定を表す接頭辞はまだほかにもあります。「非」(…にあらず)や「否」(いな、…を否む)、「没」(中国語では「…がない」という意味で「没有…」と使う)、ちょっと意味は違いますが「避」(…を避ける)。

うむ、洗い始めたらきりがありません。他にも「脱」なんてのも考えられるけど、考え始めたらどんどん脱線米かも。

あれ? でも「脱洗米」が一番ふさわしいような気がしてきました(洗うという苦役から解き放たれた感じがあります)。

[ このテーマの続編を読む]

Copyright©yama-a Apr.2006mark

目次へ 次号へ 前号へ