私の配偶者

あなたに配偶者がいるとして、あなたが配偶者のことを他人に話すときにどういう単語を選びますか?

「配偶者」と言う人は滅多にいないでしょう(これは本来法律用語です)。

私は男性ですので配偶者のことは「妻」と言います。他にもいろいろ言い方はあるのですが、私は他の言い方が悉く気に入らなくて、妻という言い方にこだわっています。

好き嫌いには必ずしも明快な理由が立たないものなので、あまり理屈をつけて説明するのも考えものなんですが、我ながら妙にこだわりがあるのでちょっと説明させてください。

最近多くの人が使うのが「嫁」という表現。私はこの単語は使いません。

字を見て判るように、これは婚姻生活を家と家との関係で捉えた表現です。私は、自分たちの結婚はあくまで個人と個人の関係を取り結んだものであって、決して家と家を縛りつけたものではないと思っています。だから、他人に妻の話をするときに「嫁が…」などという耳障りな表現は用いません。

昔はもっぱら舅や姑が自分たちの息子の配偶者のことを言うのに「ウチの嫁」という表現を使ったものです。夫が妻のことを言うものではなかったはずです。それがいつの間にやら関西でこの表現が定着し、今や東京でもそんなことを言う人がいるのでびっくりします。

嫁に敬称をつけたものが「嫁さん」、または(関西では)「嫁はん」です。軽い敬称がついて少し可愛らしく愛情豊かな表現になったような気がしますが、いずれにしても「嫁」という字が嫌いなので私は使いません。

「嫁」と同質の表現に「家内」があります。これもまた、「女は家の中に居るものだ」という封建的な価値観を体現する単語であって、私はそういう考え方に反対なので使いません。

あるいは「女房」という言葉もあります。でも、これは如何にも平安時代の響きがあって嫌なのです。妻は宮中に一室を与えられた高位の女官なのか?

多分そういう尊敬(あるいは逆に揶揄)を込めて妻のことを女房と呼ぶようになったのでしょうけどね。

泉谷しげるに『旅立て女房』という歌があります。単純にニョウボウという響きがおかしいというだけの理由で意味もなく連呼される歌です。矢野顕子がこの歌を面白いと言っていたのを思い出します。私は別に妻に面白い表現を使おうとは思いません。

そういう訳で、私は「嫁」や「家内」や「女房」を使わずに「妻」という表現を使います。この表現が一番公平で手垢がついていない感じがするからなんです。

ただ、ひとつだけ困ったことがあります。

それは妻という表現がやや文語的で固いということです。なんか改まった畏まった感じがするので、話題によっては違和感のある表現になってしまいます。「妻が」で文を始めるとどうしてもデス・マス調で終わりたくなります。「嫁はん」みたいな軽い感じが出せないのです。

そういう時には「かみさん」という表現もあるのですが、大阪育ちの私には却々馴染めない表現で、自分で使ってみてなんだか居心地が悪いのです。

いっそのこと夏目漱石みたいに「妻(サイ)」と言ってみましょうか。「いや、サイがね、こんなことを言うんだよ」なんてすっとぼけてね。まあ、しかし、サイはツマより更に文語調であるのは間違いないので、本当にすっとぼける時ぐらいしか使い道がありません。

「うちの奥さんがね」という言い方もありますが、「奥さん」というのは妻が他人から呼ばれるときの表現であって、夫が妻を称するときに使うものではないと思います。身内に「さん」をつけてはいかんでしょう。「奥」(そもそもは家の奥に陣取っているの意)+「さん」(元々は「様」)の組合せはなおさら偉そうです。

かと言って「いや、ワイフがね」(本当にこういう言い方する人がいまだにいるんですよね、こないだ久しぶりに聞きました)なんて言うのは臭すぎるし、「ダーリンが」「ハニーが」っちゅうのは臭い上にバカっぽくていけません。「ソウルメイトが」なんて言うと「何者じゃ、そいつは?」っつうことになるし、カタカナ言葉は概して不適切です。

なんか良い表現ないですか?

ところで女性が配偶者のことを語る場合、「妻」に相当するフラットな言い方が「夫」で、「かみさん」「嫁はん」に相当する柔らかい言い方が最近では「檀那」なんでしょうね。

檀那というのは確か元々は仏教用語だったはずですが、「檀那」とか「主人」とかいう表現はなんか主従関係を連想させます。私としてはそういう時代錯誤の封建的表現は(「家内」も含めて)早くに葬ってしまいたいのです。

あと「亭主」っつうのもあるか。これは何でしょう、「女房」と対にすべきなのかな? いずれにしてもこれも元来「主人」と大差のない男尊女卑の表現だし、今では「主人」よりも口語体の語り口には合わない用語ではないでしょうか。

で、「主人」の裏返しは何かと言えば、これは多分「愚妻」でしょう。これこそ馬鹿げた表現です。なんで妻にわざわざ「愚か」を被せなければならないのでしょう? そういうへりくだり方をとても卑屈で嫌らしく感じてしまうのは私だけなのでしょうか?

一方、オットには「夫」の他に「良人」という当て字があります。相当ムチャクチャな当て字だとは思いますが、これはこれで却々良い表現だなあと思います。「私の良い人」って感じ。

さて、話があちこち行くばかりで、結局「妻」以外の良い表現は却々見当たりません。考えてみれば夫婦を表す言葉はことほどさようにいつまでも古い男女観/倫理観に縛られていて、そこから抜け出せないでいるのではないでしょうか?

なんだ、結論はそんなとこに行くのかい、って? で、結局「妻」の柔らかい版の単語はないのかい、って?
そうみたいです。ツマらない話でごめんなさい。

Copyright©yama-a May.2006mark

目次へ 次号へ 前号へ