続・はてしないトイレ談義

久しぶりにトイレの話です。3年以上前に書いた「はてしないトイレ談義」にそのまま書き足そうかとも思ったのですが、あの文章にはもうすでに追記4までついているので改めて章を起こすことにしました。

先日東京メトロの某駅でトイレの変な表示を目にしました。トイレの方向を示す矢印が書いてあって、公衆トイレに付き物の男性のマークと女性のマーク、そして車椅子のマークが添えてあります。そこまでは良いのですが、その横に「だれでもトイレ」という文字があるのです。

「だれでもトイレ」って何? まるで誰でも入れる訳ではないトイレがあるみたいじゃないですか?

しかも「だれでもトイレ」の下にはその英訳が載っていて、なんとこれが Multi use toilet。Multi だけが大文字なのも変ですし、multi use と2語に別れているのも変です。toilet というやや下品な語感のある単語を充てたのも如何なものかと…。

でも、一番おかしいのはマルチユース・トイレと訳した発想じゃないでしょうか? マルチユース・トイレって、えーっと、うんことおしっこと、それから何ができるんだっけ?

意地の悪いこと書いてゴメンナサイね。いや、解るんですよ、車椅子のマークがありますから。つまり、身体障害者も使えるトイレなんでしょ? でも、身体障害者用と書いてしまうと健常者が入ってはいけないような誤解を与えてしまう。空いていれば健常者の方も利用してもらっていいですよ──だから、「だれでもトイレ」とまあ、そういう発想なんでしょ?

恐らく『ドラえもん』の「どこでもドア」をもじったんでしょう。考えた人は「やった! なかなかナイスなネーミングだ」と思ったのかもしれません。しかし、「障害者用だけれども空いていれば健常者も使える」という微妙なニュアンスを「だれでも」というあまりに単純な単語で表すのは無理、と言うかひどいと思います。

駅員の方が相互に会話する際の符牒としてなら別に構わないと思います。構内にはトイレがいくつかある場合もありますから区別する意味合いで。例えば、

駅員A「トイレが詰まってるらしいんですよ」
駅員B「どこのトイレ?」
駅員A「4番線の『だれでもトイレ』です」

でも、その表現を一般のお客さんにまで拡大して理解させようってのは酷ですよ。私なら文字は書きません。矢印があって男の人のマークと女の人のマーク、それに車椅子のマークが書いてあれば充分です。それだけで、日本人も外国人も意味は解るはずです。そして、現地に行ってみれば自分が入れるのがどこなのかは判断がつくはずです。

第一、障害者用の施設に「だれでも」なんて名前がついていても、相当切羽詰っている時は別として、なかなか入りにくいもんです。入っても良いということをどうしても知らしめたいのであれば「空いている時は健常者の方もご利用ください」と明確に宣言してあげるべきではないでしょうか?

でも、私はやっぱり、「自分が入っている時に切羽詰った障害者の方が来られたらどうしよう」と考えてしまうので、そう書いてあってもよっぽど追い込まれたケースにしか入れないと思います。

そんなことを考えながら新宿駅で下車して紀伊國屋書店に入ったらうんこがしたくなりました。

あれ、本屋さんに入るとどうして便意を催すことが多いんでしょうね?

そして、とある階のトイレに入ったら、これまた公衆トイレによくある貼り紙「備え付けの紙以外は流さないで下さい」があり、そこに落書きがしてあります。曰く、

「じゃあ、うんこはどうすればいいのかって聞いてんだよ」

実は私も以前から同じようなことを考えてました。「備え付けの紙以外は…」という表現を厳密に解釈すれば確かに途方に暮れてしまっても仕方ありません。

ただ、私はそこで躊躇することなく、備え付けの紙と一緒に便を流してしまいました。貼り紙の文言にいちいち囚われたりはしません。何故か?

日本語は省略の文化なのです。省略できるものは何を省略しても良い言語なのです。そして、省略できるものはどんどん省略する傾向にある言語なのです。

では、「省略できるもの」とは何か? それは前提となっている事柄です。

トイレの個室に入る限りはおしっこかうんこするのが前提です。うんこが出たら流すのが前提です。だから、そのことは措いておいて「備え付けの紙以外は」という表現をしているのであって、日本人であればそれで充分意味が伝わるはずなのです。

うんこをしながら日本語の特徴に行き着いた、とても有意義な一日でした。


[追記1]

旭川空港のトイレに入ったら、またも貼り紙。

「トイレットペーパーは便器に捨て、それ以外のゴミは汚物桶(ゴミ箱)へ。使用後は水を流してください」

まあ、なんと丁寧なんでしょう! きっと私みたいな性格の人が文言を考えたんでしょうね。

で、下には英語ではなく中国語訳が載ってます。中国語だけで他の言語はありません。旭川空港って中国人観光客が多いんでしょうか? 旭山動物園見に来るんでしょうかね(かく言う私も旭山動物園からの帰りだったんですが…)。

こういうところに書いてある外国語は結構間違いだらけである可能性があるので、正しい中国語かどうかわかりませんが、とりあえずそのまま再掲すれば、

「手紙請(1)入馬桶 其餘汚物請放入拉(2)桶 使用後請沖水」
(ウェブ上で中国の文字をちゃんと表せないのでこんな書き方したのですが、(1)は手偏に「乃」、(2)は土偏に「及」です)

「請」は please ですよね。ほんでもって、はあ、「便器」は「馬桶」、「流す」は「沖」ですか。いや、それよりも驚くのは(と言うか、私は以前何かで読んで知ってたんですが)「トイレットペーパー」は「手紙」なんですよ!

え、じゃあ「手紙」のことはどう言うんだ、って?

「手紙」は「便」ですよ。「郵便」の「便」、「お便り」です。

え、「便」は「うんこ」だろ、って?

ところで、誰ですか、私が便器に腰掛けながら貼り紙を書き写しているさまを想像しているのは。


[追記2]

「ことば」とは全く無関係ですが、ブログのほうに番外編を書きました。こちらもご覧あれ。

その後、言葉の問題に戻って続編を書いてブログのほうに掲載しました。こちらをご覧ください。

その後、上記続編をHPに転載しました。こちらをご覧ください。

いやいや本当にトイレ談義は尽きません。

Copyright©yama-a May.2006mark

目次へ 次号へ 前号へ