推敲の愉しみ

「推敲」って良い言葉ですよねえ。

唐の詩人・賈島が最初は「僧ハ推ス 月下ノ門」と書いていたのに読み返すうちに「僧ハ敲ク 月下ノ門」のほうが良いような気もして、どちらが良いか悩みまくったという故事成語。で、悩みながら歩いていたら都知事であり偉大な詩人でもある韓愈の行列に突き当たってしまって、事情を聞いた韓愈が「『敲ク』のほうが良い」と言ったという話。

でも、明らかに「敲ク」のほうが良いですよね。そう思いません? 逆に賈島がなんでそんなに悩んだのかが不思議です。

さて、今回はそんな推敲の話。

インターネット上に文章を発表することの利点は、出版と違って一旦発表してしまった後からいくらでも改変できることです。私の場合、ネットに上げてしまった後も何度も読み返して推敲し、書き換えています。恐らく読者の皆さんは気づいておられないでしょうが。

何度も読み返すのは別に推敲するためではなく、単に読み返すのが好きだからかもしれません。でも、実際読み返してみると大抵書き換えたくなるポイントに行き当たるものです。

書き換える理由は、

  1. 書いてある内容自体に間違いがある
  2. 日本語の使い方に誤りがある
  3. 単語のニュアンスが違う
  4. 意味の通りが悪い
  5. 言葉のリズムが悪い

などです。

仮にこれが出版物になっていたとすれば、1)と2)の場合は読者から誤りを指摘するハガキが来たりするでしょう。ところが、誤りを素直に認めることはできでも、訂正作業自体は次の版が出るまで無理なのです(再版がなければ永久に無理です)。誤った表現はそのまま流通して、また別の読者に読まれ、別の読者の不評を買うことになります。

これは書いたほうの生理としては非常によろしくないのです。

3)4)5)であれば、読者からの投書は来ないにしても、書いた人間にとってはやはり同じように居心地の悪いものです。

ところが、これがHPやブログの場合には、読者から指摘のメールが来ないうちにこっそりと書き換えることができるのです。言わばインチキですね。

仮に指摘のメールが来た場合でも、そのメールを無視してちゃっかり書き換えておけば、他の読者に対しては完璧なゴマカシが成立します。とは言え、これはこれで後ろめたいので、私の場合は脚注をつけて「…というご指摘をいただきました。確かにその通りです。上記文中の表現は訂正済みです」などとすることにしています。

これならば自分の誤りや力不足を素直に認めることができるし、誤った記述や未熟な表現がいつまでも流通する心配がありません。

私が実際頻繁に書き換えているのは3)〜5)の観点です。3)は単語の問題、4)5)は主に語順の問題です。

私は毎朝「日経新聞」を読んでいるのですが、4)と5)の観点からして「これでも本当に新聞記者か!?」と思うことが頻繁にあります。まあ、私のHPやブログなどと違って、彼らは1分1秒を争う中で文章を書いているので仕方がないと言えば仕方がないのですが、もう少し推敲を重ねればもっと読みやすい文章になるのになあと、他人事ながら気の毒に思います。

もっとも新聞の場合は当日を過ぎれば読み返されることはあまりないでしょうから、後から書き換えられるとしてもそれほどメリットはないのかもしれません。

では、私のウェブ上の文章は何度も読み返されるのか、って? いや、何度も読み返しているのは私だけでしょう。そんなことは解っています。でも、何度も読み返すから何度も文章が良くなる(と、誰も言ってくれないので自画自賛)。

でも、読み返して書き換えて、改めて読み返してみて前より良くなったような気がすると、なんか読み返すのが好きな人間で良かったなあ、としみじみ思ってしまいます。できることなら読者の方が読み返してくれて、「おっ、前より良くなったなあ」って言ってくれたら嬉しいんですけどね。

え? 「そうは問屋が…」って? いや「僧ハ敲ク」のほうが良いですよ。

Copyright©yama-a Jun.2006mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious