続・メール作法あれこれ

以前「メール作法あれこれ」というのを書きました。今回はその続編。そう、メールの書き方にはまだまだ作法がはっきりしないものが一杯あります。

例えば、メール本文を書く時あなたは改行しますか?

するに決まってるじゃないかって? じゃあ、何文字で改行してます?

会社の後輩に決して改行しない奴がいます。T君という奴なんですが、彼曰く、受け取った相手が何文字で改行して読んでいるか判らないので、送るほうは改行せず、受け取った側の改行ピッチで読んでもらう。

なるほど。送る側と受け取った側の改行ピッチが微妙に違っていて気持ち悪い形になってることありますよね。例えばこんな具合に。

なるほど。送る側と受け取った側の改行ピッチ
が微妙に
違っていて気持ち悪い形になってることありま
すよね。
例えばこんな具合に。

上の例では送った人が改行したのは「微妙に」と「ありますよね。」の後の2箇所。ところが受け取った人のメーラの閲覧設定が、送った人の改行ピッチより4文字分少ないところで改行することになっていたため、こんな形になってしまいました。

ならばT君のように送るほうは一切改行しないというのもひとつの見識です。ただ、書くほうとしては読み返すために延々スクロールする必要が出てくるのでかなり面倒です。にもかかわらず、この姿勢を貫いているT君は非常に偉いとも言えます(もっとも随分昔にT君から聞いた話なので、いまだにやっているかどうかはわかりません)。

ところが、世の中にはT君の逆を行く奴がいるんですね。U君は上のように改行ピッチがずれるのが鬱陶しいので、自動的に改行しない設定でメールを読んでいるそうです。

すると、もしT君がU君にメールを送ったら、これは一切改行なしの怪文書として現われるわけで、これでは正に厚意がアダとなったという奴です。

そういう可能性まで考えて、私は改行しています。

送信メールでは72バイト(つまり全角36文字)で自動的に改行する設定にした上で、実際には60バイトから70バイトの間で(つまり全角30〜35文字で)手動で改行しています。読むほうの設定は80バイト(つまり全角40文字)で自動的に改行するようにしています。

送信より受信のほうが改行ピッチを長く取っているのは、上の例のような気持ちの悪い整形にならないための工夫です。相手の改行ピッチより自分の改行ピッチのほうが多分短いであろうメールを書き、相手から来たメールを多分相手の改行ピッチより長い改行ピッチで読もうという魂胆です。もちろん相手が意外なピッチで改行していて巧く行かないこともありますが、まあまあの設定だと思っています。

では、あなたはどのポイントで改行していますか? そもそも改行はしますか?
世の中には自動の改行ピッチに任せて自分ではほとんど改行しない人もいます。例えばこんな具合に。

送信より受信のほうが改行ピッチを長く取って
いるのは、上の例のような気持ちの悪い整形に
ならないための工夫です。相手の改行ピッチよ
り自分の改行ピッチのほうが多分短いであろう
メールを書き、相手から来たメールを多分相手
の改行ピッチより長い改行ピッチで読もうとい
う魂胆です。もちろん相手が意外なピッチで改
行していて巧く行かないこともありますが、ま
あまあの設定だと思っています。

これ、とても読みづらいと思いませんか?

私はまず段落を作ります。字下げインデントは設定しません。インターネットの世界では段落の変わり目は字下げではなく行空けで表すのが普通です。段落はもちろん内容的なまとまりで分けるのですが、メールの場合せいぜい5行くらいまでで段落を変えるようにしています(1文が長いと必然的に1文=1段落になってしまいますが、それは仕方がありません)。

そして、手動で改行する際、各行の字数が同じになることはあまり考えません。全行同字数になってしまうと却って読みにくいものです。そして、手動で改行する場合、読んでいる人が意味を掴みやすいように、できるだけ文節の切れ目で、それが無理なら単語の切れ目で、それも無理なら単語の構成要素(語幹と活用語尾など)で切るように心がけていますが、たまに途轍もなく長い単語が行末に来てしまって悩むこともあります。

以上の私流のやり方で、上の例文を私なりに整形するとこうなります。

送信より受信のほうが改行ピッチを長く取って
いるのは、上の例のような気持ちの悪い整形に
ならないための工夫です。

相手の改行ピッチより自分の改行ピッチのほうが
多分短いであろうメールを書き、相手から来た
メールを多分相手の改行ピッチより長い改行ピッチ
で読もうという魂胆です。

もちろん相手が意外なピッチで改行していて巧く
行かないこともありますが、まあまあの設定だと
思っています。

これが必ずしも良いと言うつもりはありません。あくまで日本語なんだからということで字下げインデントをしてくる人もいます。例えばこんな具合に。

 送信より受信のほうが改行ピッチを長く取っ
ているのは、上の例のような気持ちの悪い整形
にならないための工夫です。
 相手の改行ピッチより自分の改行ピッチのほ
うが多分短いであろうメールを書き、相手から
来たメールを多分相手の改行ピッチより長い改
行ピッチで読もうという魂胆です。
 もちろん相手が意外なピッチで改行していて
巧く行かないこともありますが、まあまあの設
定だと思っています。

私はこれよりも行空けのほうが読みやすいと思うのですが、皆さんはいかがでしょうか? 字下げと行空けを併用している人もいますが、それはどう感じます? それから単語の切れ目と関係なく改行している点は気になりませんか? この辺も書く人の感性次第だと思います。

私がどうしても馴染めないのは次のような書き方です。これもかなり普及している書き方で、こういうメールを送ってこられることも実際少なくないのですが、どうも私には馴染めません。どんな形式かと言えばこんな感じです。

送信より受信のほうが改行ピッチを長く取って
いるのは、上の例のような気持ちの悪い整形に

ならないための工夫です。相手の改行ピッチよ
り自分の改行ピッチのほうが多分短いであろう

メールを書き、相手から来たメールを多分相手
の改行ピッチより長い改行ピッチで読もうとい

う魂胆です。もちろん相手が意外なピッチで改
行していて巧く行かないこともありますが、ま

あまあの設定だと思っています。

なんか解らんけど2行ごとに行空けするんですよね。確かに改行・行空けなしの文章よりはちょっとだけ読みやすいかもしれません。上の例では単語の切れ目で改行していませんが、各行の字数をきっちり揃えないで単語の切れ目で改行している人もいます。

私が気になるのは行空けで、意味の切れ目でも文章の切れ目でもないところに1行空いていて、読んでいると1行空くごとにリズムが乱れてしまい、意味も取りにくくなってしまうのです。

もちろん書いている人は意味を取りにくくするためにやっているわけではなく、あくまで読みやすくするためにやっているはずです。

でもなあ、申し訳ないけど、私は読みにくいんですよね。リズムってとっても大切な要素だと思うんですけど…。この辺りは主観の問題なので非常に難しいです。

以前も書きましたが、マナーというものが固まるには長い年月が必要です。あと20年、30年経った時に果たしてどの書き方が残っているのか、あるいは今と同じバリエーションが全て並存しているのか、その辺のところをチェックするのがとても楽しみです。

なお、この文章内で提示している全ての例文の改行ピッチが異常に短いのは、どのブラウザでどのサイズで見ても、著者の意図せざるところで改行しないための工夫であります。

今のところ、とりあえず大事なのは工夫しようという心なのかなという気もします。

Copyright©yama-a Jun.2006mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ