おっ? えっ? オウ、イェー!

「またそんなことで悩んでんのかい!?」と言われそうですが、ひとつ悩んでいることがあります。
それはローマ字における長音の表記法です。

私が小学校でローマ字を習った時には、長音は母音の上に横棒を引くように言われました。今でもごくたまにその表記法を目にすることはありますが、昔より頻度は低いように思います。多分欧米人が見ても読み方がピンと来ないからなんでしょう。

「所詮は記号なんだから日本人が勝手にルールを決めて良いんだ」と割り切って使い続ければ良いのかもしれませんが、しかしながらその表記法は MS-IME では書けないんですよね。いや、「記号」から探してくれば書けるんでしょうが面倒ですし、多分機種異存文字でしょうから、他人にそのファイルを渡した時点で化けている可能性大です。

ならば外国人、とりわけ英語圏の人が見ても見やすくするにはどう書けば良いのか。

ひとつは「短音も長音もそのままで良い」とする考え方。

英語は、言うまでもないですが、1つの綴りに1つの発音が対応している言語ではありません。つまり、o と書いてあっても場合によってそれはオ(ア)と読まれたりオウと読まれたりするのです。だから、ローマ字でもそれと同じく、オでもオウでも o で良いではないか? Aso ならアソ(阿蘇)、Tennoji ならテンノウジ(天王寺)とちゃんと判るではないか?──という考え方。

でもね、それだと大山さんと小山(オヤマ)さんがどっちも Mr. Oyama になって区別がつかないんですよ。

そうすると Mr.Ohyama と Mr. Oyama ですかね?
でも、この大山さん、オヒャマさんに見えません?

大原さんと小原さんは Mr. Ohhara と Mr.Ohara ですかね?
でも、この大原さん、オッハラさんに見えません?
小原さんだって、ひょっとしたらオーアラ(大粗?)かと思いません?

この、母音に h をつけて長音にするやり方、私が最初に見たのは巨人の王選手のユニフォーム(背番号の上)でした。多分英語の感嘆詞 oh から取って来たのでしょう。小学生だった私は「なるほどそういう風に書くのか」と感心した記憶があります。

しかし、その後どこかのチームの大石選手(だったかコーチだったか)が真似して Ohishi と書いたのを見て、私はこれでは「お菱」ではないかと吹き出したのでした。

h を使わないとすれば、大山さんは Mr. Ooyama、大原さんは Mr. Oohara ですかね?
でも、これだとウーヤマ、ウーハラと読まれてしまいそう。
大石さんに至っては Mr. Ooishi になります。母音が3つ続くと英語圏の人にはかなりの難読のはず。

全国の大山さん、大原さん、大石さん、大川さん、大村さん、大江さん、あなたはどう書いています?

大川さんと大村さんは Mr. Ohkawa と Mr. Ohmura でなんとかなりそうな気もします。困ったのは大江さんで、Ohe ならオヘ、Ooe なら読めないか無理やりウーと読むか、Oe なら誰が読んでもオウでしょう。英語では母音が2つ続くと発音上は長母音か2重母音になるケースが非常に多いからです。

私が仕事で知り合ったハワイ在住の大江さんは Oye と表記されてました。なるほど、y を挟んだおかげでこれならオウとは読まれないでしょう。ただ、私たち日本人スタッフは面白がっていつも Mr. Oh yeah! と呼んでました。

さて、結論ですが、え? どうせ結論なんかなくて、また駄洒落書いて終わるんだろうって? ありゃりゃ、パタン読まれちゃってますねえ。でも、今回の私の結論は大原さんも小原さんも Mr. Ohara で行こう、です。書いているうちにそういう結論に達しました。

いちいちオーハラです、オハラですと教えてあげれば良いじゃないですか。と言うのも、どうせ日本人の名前なんか発音できないんですよ、彼らは。そもそもが(高低ではなく)強弱のアクセントなのでオーハラでもオハラでも彼らはハに強勢を置いて発音します。だからオーハラもオハラもほとんど同じようにしか聞こえません。

大林さんと小林(オバヤシ)さんの場合は、ともにヤにアクセントが置かれるので、もっと区別がつかないでしょう。だから表記で100%正しく読ませようとしても無理なんです。とりあえず端的に読みやすい書き方をしておいて、正しい発音は後から教えればよろしい(どうせちゃんと発音できないことでもあるし)。

Ohara なら [ouhara] とも [ohara] とも発音される可能性があります。下手に o を重ねたり h を挟んだりした日にゃ何と読まれるか判ったもんじゃありません。

ならば、それで良いではないですか。そもそもローマ字は英語圏の人々に読ませるためのものなのですから。

なんと、書いているうちに私の悩みは見事に解消したではありませんか。Oh yeah !

Copyright©yama-a Jul.2006mark

目次へ 次号へ 前号へ