私服の時

ウチの会社では結構ラフな恰好で来ている社員も少なくないのですが、私は毎日スーツにネクタイで通っています。いや、必ずしも上下揃っている訳ではないので、どう言うんでしょ、背広上下で働いています、ですかね?

で、たまに背広+ネクタイ姿以外の格好で人に会うと、決まって「あ、今日は私服なんですね」と言われるのですが、私にはどうもこの表現が納得行かないのです。普段着ている背広だって私の服なんだから、即ち私服なのではないでしょうか?

私服に対する言葉は制服です。制服は会社や学校などから支給(貸与)されることもありますが、指定されるだけで自分で買う場合もあります。

考えてみれば、中学高校時代の制服は学校指定のものを各自が購入していました。つまり、学生服自体は自分の持ち物なので、これも私服なのではないでしょうか?

ここまで考えて訳わかんなくなってしまったので、辞書を引いてみることにしました(実はこんな風に悩んで、こういう作業している時が一番幸せです)。

手許の国語辞典にはこうあります。

なるほど、所有権の問題ではなく、色や型が定まっているかどうかの問題なんですね。少し納得。

でも、ならば私が毎日とっかえひっかえ着ている背広はやっぱり私服じゃないですか! 背広を着ていないときに「今日は私服ですね」と言われるのはやっぱりおかしいのではないでしょうか?

会社で着る背広は色や型が定まっているわけではありません。ただ、背広を着ろと決められているだけです。いや、私の会社では職場によって背広なんか全く着ない人もいる訳で、もちろん部署によっては全員が毎日背広を着ているところもありますが、それも明確に背広ネクタイの着用が義務づけられている訳ではありません。

昔、銀行員の友だちに聞いたところでは、彼の会社では「髪を七三に分ける」というところまで明文化されているとのことでした。そんな会社であればスーツ着用が明確に義務付けられているのかもしれませんし、その色合いや形まで何等かの制約があるのかもしれません。そのくらいになると、それは「制服」に近いと言えるでしょう。

ただ、私の会社では、皆なんとなく背広を着てネクタイを締めているだけで、部署によって多少とも無言のプレッシャーはあるかもしれませんが、特にルールがある訳ではありません。

一口に背広を着てるったって色々で、中にはファッション・モデルかと思うような人もいます。(業界他社の人ですが)明るい紫色のスーツを着た人に会ったこともあります。部長に「君のズボンは柔道着か?」とか「それはモンペか?」と言われた若手社員もいました。

そうなってくると、これはやっぱり私服なのではないでしょうか? 制服というのは警官やファスト・フードの店員が着ているものだけを言うのではないでしょうか?

では、人は何故ラフな恰好を「私服」と呼びスーツ&ネクタイを「私服」と呼ばないのでしょうか?

「私服」という字をじっと眺めていたら突如としてひらめきました。

「私服」の「私」は英訳すれば private です。つまり、プライベートな場で着ている服しか「私服」と言わないのです。

確かに私は会社に着て行っている背広上下をプライベートな場で着ることは滅多にありません(ただし、世の中にはどこに行くにも背広ネクタイ着用の人もいるにはいます。そういう人はこの際除外して考えるしかありません)。会社に行くのではないのに背広を着てネクタイを締めることもないではないですが、これはやや改まった場です。

で、private の反意語は public です。つまり「公」ですね。「公」とはつまり「改まった場」です。なるほど。

ならばスーツ&ネクタイは「公服」とでも呼べばよいのでしょうか?

でも、ウチの会社って、そんなに改まってるかなあ?
うーん、やっぱりスーツも私服のような気がします。

Copyright©yama-a Aug.2006mark

目次へ 次号へ 前号へ