Don't say twice, it's alright

子供の頃、親や教師の言いつけに不承不承「はいはい」と返事したら必ず言われたものです。

「はい」は1回でいい

と。

あれ、何で2回重ねると嫌々(いやいや)という雰囲気が出るんでしょうね。とても不思議です。

ただ、2回重ねれば必ず嫌々かと言えばそうでもなくて、例えば所謂"二つ返事"ってやつも「はいはい」なんですよね。もし不承不承の「はいはい」と区別して書くとすれば「ハイハイッ!」ってな感じでしょうか。不承不承のほうはゆっくりまったりなのに二つ返事のほうは素早くリズミカルに。

この辺を聞き分ける我々の耳と脳ってすごいと思いませんか?

で、2回重ねるのって「はい」だけかと言えばそうではなくて、オフィスで他人の電話をそれとなく聞いていると結構多いんですよ。私たちより少しだけ若い世代が(特に相槌として)多用しているように思います。

なるほどなるほど
確かに確かに
いえいえ、全然全然
ええ、ええ、是非是非

これは一体何でしょう? 嫌々の発言ではないみたいです。どちらかと言うと二つ返事に近い。

「なるほどなるほど」とスムーズに納得、「確かに確かに」と相手の言うことを全面肯定、「全然全然」と完全否定して恭順の意を表明、「是非是非」と please の強調…。それら全てをリズミカルに発言してます。

要するに全部強調です。であるならば冒頭で述べた「はいはい」も肯定の強調だから全面服従のはずなんですけど、きっと全面服従してみせるほどのケースでもないのにそんなことを言うことによって皮肉になるんでしょうね。

この辺りのメカニズムを考え始めると言葉というものの奥深さを感じます。

ところで「全然」と言えば、中学時代の国語の授業で「『全然』は常に打ち消しの表現と一緒に使う」と習いました。私たち生徒が不用意に「全然面白い」などと言うと、決まって教師にたしなめられたものです。

ところが、長じてから知ったのですが、明治の文豪たちは平気で肯定文の中で「全然」を使っているのです。こりゃまたどういうことでしょう?

明治時代にはなかった「『全然』は常に打ち消しの表現と一緒に使う」というルールがいつの間にかできて、それをまたちゃんと守らない若い人たちが出てきて、というイタチごっこ。
結局「全然」の用法は今後どうなって行くのでしょう? 全然見当がつきません。

ことほど左様に言葉の使い方やニュアンスは時代とともにコロコロ変わって行きます。にも拘らず、その時代時代において言葉は概ね正しく理解されてコミュニケーションはそれなりに成立しています。

Bob Dylan は Don't think twice, it's alright と歌いました。邦題は『くよくよするなよ』でした。

くよくよ考えなくても、言葉は自然に通じるものなのかもしれません。

Copyright©yama-a Aug.2006mark

目次へ 次号へ 前号へ